ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

汗の臭いを抑えるなら酢風呂入浴を一週間続ける

汗自体に臭いはありません。しかし、汗を媒介に雑菌が繁殖してやがて悪臭が発生するのです。そんな汗の臭いを抑えるなら酢風呂が効果的。クエン酸が雑菌の繁殖を持続的に抑えてくれます。また、汗の臭い予防にはミョウバンスプレーも効果的です。



スポンサーリンク
汗の臭いを抑えるなら酢風呂入浴を一週間続ける

汗の臭いを失くしたいなら酢風呂

汗が臭いの原因になることはよく知られています。厳密にいえば、ワキガ体質の人に多いアポクリン腺の汗は強い臭いを発しますが、体温や水分の調整をするエクリン腺から出る汗は無臭です。

しかし、エクリン腺の汗でも放置していると水分を媒介に雑菌が繁殖。強い臭いが発生します。いわば汗は“悪臭の母”。汗をかいたらすぐに体を拭いたり着替えたりするのが対策の基本です。

汗が生む臭いを失くしたいなら、酢風呂を利用しましょう。酢に含まれるクエン酸が雑菌の繁殖を持続的に抑え、アンモニア臭を解消してくれます。酢風呂は180リットルのお湯に、100mlほどの醸造酢か黒酢を入れるだけ。酢風呂入浴を1週間ほど続ければ、徐々に汗の臭いが改善するはずです。

汗の臭い予防にミョウバンスプレー

入れる酢は少量のため、酢の臭いはほとんど感じません。気になるなら、最後にシャワーで軽く流せばOKです。使用したミツカン酢は500mlで108円。コスパもよく、料理用として常備している家庭も多いでしょう。

食品添加物であるミョウバンも汗の臭い予防に使えます。水に溶けると酸性になり、雑菌の繁殖を抑制。さまざまな金属を含んでおり、それらが臭い成分と還元反応を起こして臭気を中和する効果もあります。

ミョウバン10gあたり水600mlで溶かし、スプレーにすると使いやすいでしょう。ミョウバン水は汗をかきやすい場所にスプレー。水道水でもよいですが、濃い緑茶で溶かすと消臭力がアップします。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/今野博志)

■「臭い」おすすめ記事
耳の臭い対策には洗顔フォームを使うのが効果的
頭皮の臭いをセルフチェックする3つの方法とは
頭皮の臭いはティーパックの出がらしで消せる
体臭を改善するクスリのウソ・ホントを見極める
体臭の原因除去で力を発揮するアイテムはこれ
加齢臭対策は酸化前に皮脂を拭き取ることが重要
ミドル脂臭は30~50代に発生する油くさい臭い

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事