ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニくじで最小限の費用で狙った賞品ゲット

「一番くじ」「一番くじプレミアム」「セガくじ」などの名称で販売されているコンビニくじ。上位の賞品は数千円で取り引きされるため、転売目的でコンビニくじを購入する人もいるほどです。そこで、実際にコンビニくじで最小限の費用で狙った賞品ゲットしてみました。



スポンサーリンク
コンビニくじで最小限の費用で狙った賞品ゲット

コンビニくじの条件のいい店を探す

まずはコンビニくじの情報は「くじびき全国マップ」(http://kujimap.com)を利用。コンビニくじを実施している店舗マップ、発売スケジュールを網羅しています。店舗を調べ、電話で「くじの残り本数」「各賞の在庫数」をチェックするのです。

この方法で最もコンビニくじの条件のいい店を探しましょう。また、店舗選びの際、東京・秋葉原や池袋といったマニアが集まる土地はNG。競争が激しく即完売もよくあります。ビジネス街、郊外、通学路から外れた店舗が狙い目です。

今回狙ったコンビニくじは、一番くじプレミアム「アイドルマスターシンデレラガールズPART2」です。2016年4月から販売されていますが、某店舗に上位フィギュアが残っているとの情報がありました。

コンビニくじ4回目でB賞をゲット

コンビニくじは全体で残り13枚、A・B賞残り各1本と、中々の好条件です。ここで活用するのが狙った賞品を確実に当てる公式。「(全体の残り本数+1)÷(欲しい賞の残り個数+1)×くじ1回の金額」です

計算式は「(13+1)÷(2+1)×830」となって、平均投資額は3,873円と計算できます。市場価格はA・B各賞3,500~4,000円ほどなので、これはチャンスです。

実際にコンビニくじを購入すると、4回目でB賞の「多田李衣菜プレミアムフィギュア」をゲット。投資額は4×830=3,320円です。なかなかの好条件で入手できました。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/橘千尋)

■「コンビニくじ」おすすめ記事
コンビニくじ転売にはボロ儲けできる公式がある
コンビニくじは転売ルートを半日単位で変更する

■「コンビニ」おすすめ記事
顔認証システムがコンビニの万引き被害を防ぐ
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事