ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

足の臭いを消す方法は「重曹+クエン酸の足湯」

高温多湿で、皮脂や角質などエサも豊富と、細菌にとってはまさに天国。ブドウ球菌などの細菌が繁殖し、足特有の悪臭物質の1つ「イソ吉草酸」が発生、これがチーズ臭、納豆臭などともいわれる足の臭いの元なのです。臭いの元を断つ、足の臭いを消す方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
足の臭いを消す方法は「重曹+クエン酸の足湯」

足の臭いを消す方法は炭酸泉の足湯

足の臭いを消す方法は、炭酸水素ナトリウム(重曹)とクエン酸を2:1でお湯に入れ、炭酸泉状態の足湯。重曹を入れて、間をおいてからクエン酸を入れると、アルカリから酸に急変し、イソ吉草酸や角質汚れに対抗できます。

酸性のイソ吉草酸には、アルカリ性の重曹で中和。さらにクエン酸を足して炭酸足湯にすれば、皮膚の汚れを落とせるのです。

足の臭いを消す方法には、足専用ソープを使う方法もあります。こと足に関しては、保湿成分入りの生ぬるいボディーソープではなく、水虫治療薬で知られる「ブテナロック足洗いソープ」(久光製薬・価格560円)です。

足の臭いを消す方法はかなり爽快

ブテナロック足洗いソープは、メントール成分が含まれているため、かなりの爽快感。殺菌と消毒で足の臭いがウソのように消えます。単純な気持ちよさ以外に、洗い忘れを防ぐという意味でも非常に有用です。

足の臭いを消す方法として、深爪しない程度にまめに手入れをすることも大切です。足は手以上に爪の垢が溜まり猛烈な臭気の原因になります。また、お手入れを怠ると、爪が指の肉に食い込んで巻き爪になることもあるのです。

爪の傷によって化膿でもすると、文字通り腐った臭いを放つことにもなってしまいます。足の爪は、ニッパータイプの方が都合がいい構造。ゾーリンゲンのニッパーなら、微妙な力加減が滑らかに反映されます。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/今野博志)

■「足の臭いを消す方法」おすすめ記事
足の臭いを消す方法は革靴を冷凍庫に入れるだけ

■「臭い」おすすめ記事
頭皮の臭いをセルフチェックする3つの方法とは
頭皮の臭いはティーパックの出がらしで消せる
汗の臭いを抑えるなら酢風呂入浴を一週間続ける
体臭を改善するクスリのウソ・ホントを見極める
体臭の原因除去で力を発揮するアイテムはこれ
加齢臭対策は酸化前に皮脂を拭き取ることが重要
ミドル脂臭は30~50代に発生する油くさい臭い
耳の臭い対策には洗顔フォームを使うのが効果的

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事