ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3連単全買いできる競艇レースの基本をマスター

公営競技は全組み合わせを購入すれば当たりが出ます。中でも1~3着を着順通りに的中させる3連単を全買いすれば、思わぬ高額配当がくるはずです。ただし、競馬なら18頭立てで4,896通り。100円券購入でも1レース約49万円。しかし、競艇なら120通りなので1万2千円で全買いできるのです。



スポンサーリンク
3連単全買いできる競艇レースの基本をマスター

競艇は365日どこかでレース

全買いするなら競艇が最適。1レース6艇出走なので、3連単で全120通り、計12,000円で全買いできる計算です。1日で行われる全12レースを購入しても144,000円に抑えられます。

まずは競艇とは一体どんなレースなのかを見ていきましょう。1952年(昭和27年)、長崎県の大村競艇場で発祥して以降、競輪・競馬・オートレースと並ぶ公営競技の1つとして成長を遂げました。

現在、全国24か所にレース場があり、365日どこかでレースが行われています。年間レース数は約5万回。2010年度からは呼称を「競艇」から「BOAT RACE(ボートレース)」に変更しています。

ボートレース場の水質もポイント

競技は6艇で行われます。モーターとボートは各レース場が管理し、レース期間中に抽選でレーサーに貸与。過去の利用者により個体差があるため、操縦だけではなく“整備”のうまさも求められる競技なのです。

そして、6艇のモーターボートを操る競艇選手が、1周600mの水上コースを3周してその順位を競います。1節の開催期間は基本6日間行われ、1選手は日毎に枠順1~6になるよう割り当てられる仕組みです。

ボートレース場の水質は淡水、海水、汽水などさまざま。水質が硬い淡水は波が重くなりやすく、体重の軽い女性レーサーが有利といわれます。さらに潮の干満、風などの影響も大きく、予想では重要なポイントです。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/加藤カジカ)

■「3連単」おすすめ記事
公営競技の「3連単」は競艇の当たる確率が高い
競艇の3連単を全通り買ったら儲かるか損するか

■「公営競技」おすすめ記事
公営競技で大穴を狙うなら競馬かオートレース
「馬王Z」開発者が語る競馬予想ソフトの実力
チャリロトは高い当選確率で高額が狙える宝くじ

■「ギャンブル」おすすめ記事
ギャンブルは還元率が高いほど勝てる率も上がる
闇カジノは3LDK程度の普通のマンションが会場
闇カジノで提供される飲食は食べ放題飲み放題

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事