ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

競艇の3連単を全通り買ったら儲かるか損するか

競艇は1レース6艇出走なので3連単で全120通り。公営競技の中では、3連単の通り数がもっとも少ないのです。そこで、競艇の3連単を全通り買いに挑戦。1レース120通り×100円の12,000円で、全12レースで144,000円の3連単を購入して、ら儲かるか損するかを実験してみました。



スポンサーリンク
競艇の3連単を全通り買ったら儲かるか損するか

競艇の3連単を全通り買いする

勝負当日に開催される競艇のレース場の中から、過去3年間で高額配当がよく出ている場所を調べてみました。すると、香川県の丸亀、群馬県の桐生の2つのレース場が候補になります。

さらにその2レース場を比べると、丸亀が2回多く高額配当を出していました。ということで、勝負はインが固い分、荒れるとデカい丸亀・ナイターに決定。舟券は千葉県習志野市にある場外発売場「ボートピア習志野」での購入です。

3連単の全通り買いは「ながし/ボックス」券を使用。選んだ数の艇の、すべての組み合わせを買う方法「ボックス」の1~6すべてを塗りつぶせば全買いとなります。あとは配当がこの金額を超えるかどうかです。

3連単の収支はマイナス70,500円

この日の丸亀ナイターは、全12レースで3着までにしっかり1枠が入り、荒れない1日となりました。このため、合計収支は「144,000円-73,500円」。結果はマイナス70,500円となりました。

ちなみに、もう1つの候補にしていた桐生の当日のレースは後半10レースで60,600円、11レースで56,590円と荒れた様子。もし全買いしていたらプラス30,120円になっていたハズです。

さらに、丸亀では前日86,000円の高配当も出ていただけに余計に残念な結果。コストと回収率を考えれば、全買いは長期戦には向かないかもしれません。今回は高配当の出た競艇場を選んだが、次回挑戦の時は荒れたレースが多い競艇場を割り出してもよいでしょう。

■「競艇」おすすめ記事
3連単全買いできる競艇レースの基本をマスター
公営競技の「3連単」は競艇の当たる確率が高い

■「公営競技」おすすめ記事
公営競技で大穴を狙うなら競馬かオートレース
「馬王Z」開発者が語る競馬予想ソフトの実力
チャリロトは高い当選確率で高額が狙える宝くじ

■「ギャンブル」おすすめ記事
ギャンブルは還元率が高いほど勝てる率も上がる
闇カジノは3LDK程度の普通のマンションが会場
闇カジノで提供される飲食は食べ放題飲み放題

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事