ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駄菓子のラムネボトルグミは左下をチェックする

「ラムネボトルグミ」はパッケージの裏に「アタリ」の文字があれば金券がもらえる当たりくじ付きの駄菓子。ラムネボトルグミの当たり判別法は、パッケージのフチに残るベロにカギがあります。切断される前のシートのどこにあったかで当たりが判別できるのです。



スポンサーリンク
駄菓子のラムネボトルグミは左下をチェックする

駄菓子は当たりの種類が多いと難しい

丹生堂本舗の「ラムネボトルグミ」は金券式の当てモノ駄菓子。100円の高額金券が2本。そして50円×1本、20円×4本、10円×5本の総計380円分の金券が当たります。

当たりの種類が多くなると、そのぶんハズレとの違いが見い出しにくいのが当たりくじ付き駄菓子の難しいところ。しかし、ラムネボトルグミの当たり判別法は製品の辺に存在するベロに手掛かりがありました。

その中で、左辺と下辺にベロが付いた製品が“100円の当たり”でした。また、左辺にベロが付いた製品から当たりが多数発見。左辺と下辺にベロが付いた製品を探せば、100円の高額金券をゲットできるハズです。

ラムネボトルグミはシートとして製造

というのも、ラムネボトルグミは元は1枚のシートとして製造されたのち、切断されている駄菓子。ベロの付いた製品はシートの4辺にあったことを意味します。

このうち、左辺にベロが付いた製品に当たりが集中していたということは、シートの左辺に当たりは集中的に配置されているということ。そして、左下隅は100円の当たりが配置されていると考えられるのです。

だからこそ、ラムネボトルグミは左辺にベロが付いた製品が当たりの可能性が大。そして、左辺と下辺にベロが残っている製品は、100円の当たりであることを意味しているのです。

■「駄菓子」おすすめ記事
駄菓子のヤッターメンの当たりは社名で判別する

■「当たり」おすすめ記事
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
チョコボールの当たりを見分ける方法まとめ
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
よっちゃんイカの当たりを印刷で判別する方法
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事