ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した

JVCケンウッドから発売されたTPZ-D553によって、デジタル簡易無線登録局は大きくて重たい印象から、軽量・コンパクトへとイメージチェンジ。今年は第2世代の“デジ簡登録局機”に注目です。デジタル簡易無線登録局の第1世代と第2世代の違いを見ていきましょう。



スポンサーリンク
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した

デジタル簡易無線登録局の第1世代

2008年8月の新割当てから8年が経った、351MHz帯のデジタル簡易無線登録局。その間に東日本大震災があり、被災地に送り込まれて運用。ライセンスフリー無線としてのホビーユースも随分と定着しました。

そして2016年、JVCケンウッドの5W機、TPZ-D553の発売により、デジタル簡易無線登録局機は第2世代に突入。まずは第1世代機と第2世代機の違いを見てみましょう。

2008年のスタート時に発売された各メーカーの1号機に始まり、早々にモデルチェンジした機種を含んだ大半のモデルが、第1世代機になります。業務機の筐体を流用した大型で重たいボディに、送受信に徹したモデルであることが特徴。というのも新ジャンルのため、業務ユーザーをターゲットにしていたからです。

デジタル簡易無線登録局の第2世代

その後、デジタル簡易無線登録局のユーザーが拡大し、軽量でコンパクトな機種が求められるようになりました。その先陣を切ったのがアイコムの1W機「IC-DPR3」で、元祖第2世代機になります。

ICDPR3はサーチ機能を持つなど、ホビーユーザーを意識した作りが特徴。そして2016年に発売された5W機のJVCケンウッド「TPZ-D553」によって、デジタル簡易無線登録局は第2世代機の時代に入りました。

第2世代機は特定小電力トランシーバの高級機に似た洗練されたデザインで、実際の数値以上にコンパクトに見えるのが外観上の特徴。機能面ではサーチ機能や独自の機能を備えるなど、ホビーユースに向いたポイントがあります。

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線登録局の専用ボディで小型化
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事