ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い

個人情報流出事件では該当者数が膨大なせいか、500円分のQUOカードがお詫びに届くことが多いのが実状。個別のクレーム対応では、どんなお詫びがあるのでしょうか。そこで、牛丼チェーンのクレーム対応の実例を見ていきます。価格競争の激しい牛丼チェーンはクレーム対応もシビアでした。



スポンサーリンク
牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い

牛丼チェーンで100円分の郵便為替

牛丼チェーンの松◯で「牛丼野菜セット」を注文したマンガ家のEさん。野菜の中に爪楊枝が折れたものと思われる破片を発見し、その場で店員に伝えるも「すいませーん」とそっけない返答でした。

腑に落ちないので、メールで本部にクレームすると「店舗での食器清掃、店員対応等を再度教育する」旨のメールが届いたそうです。そして、牛丼1杯サービス券に加え、中途半端な野菜代100円分の郵便為替が送られてきました。

これでまずます不愉快な気分に…。「100円の郵便為替のためにわざわざ郵便局に行けっていうのか!?」と憤慨しつつ、面倒くさいのでそのままにしているそうです。

牛丼単品代と思しき金額の郵便為替

タクシードライバーのHさんは、な◯卯の「牛丼+すだちうどんセット」を注文して、固いご飯に遭遇。交換を頼んだら再度、カチカチのご飯が出てきたといいます。

長時間、炊飯器のフタを開けたまま放置したか、水分量を間違えたのかは不明ですが明らかに固い…。結局、ご飯を残して本部にメールすると、返金するといわれました。

しかし、送られてきたのはセット料金全額ではなく、牛丼単品代と思しき金額の郵便為替と100円引きのクーポンだったそうです。価格競争の激しい牛丼チェーンですが、クレーム対応も経費節約が徹底しているようです。

■「牛丼」おすすめ記事
すき家がランキング1位の【牛丼コスパ対決】
吉野家の牛丼茶漬け!並盛りアレンジレシピ
吉野家のクーポンを駆使して牛丼を限界まで安く

■「クレーム対応」おすすめ記事
クレーム対応の定番はやっぱりQUOカードだった
クレーム対応で代替品が大量に届いたケースとは
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違う?
クレーム対応で飲食代が無料になることもある
クレーム代行業者を使うのはどんな人が多い?
クレーム代行業者の「要求を認めさせる4か条」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。