ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TPZ-D553は防水構造とバッテリーを見直した

TPZ-D553が小型化・軽量化を実現できたポイントは、タバコサイズへのアプローチにあります。そこで、まず見直したのが本体シャーシとバッテリーのサイズでした。シャーシとバッテリーをいかに小型化・軽量化していったのかを、JVCケンウッドのTPZ-D553の開発チームに聞きました。



スポンサーリンク
TPZ-D553は防水構造とバッテリーを見直した

TPZ-D553は防水構造を見直した

TPZ-D553の小型化・軽量化では防水構造を大きく見直しました。「従来は金属シャーシの外側に、防水パッキンを当てていたのですが、TPZ-D553はシャーシの内側に防水パッキンを当てることにした」といいます。

これにより「防水性を確保しながら、シャーシの高さを低くでき、厚みもそぎ落とせました。シャーシを改良することで、基板面積は約10%増え、容積比で30%は小さくなっています。重さでは20%軽くなりました」とのこと。

しかも「軽量化してもシャーシの強度は保たれていますし、防水性と堅牢性は業務スペックを維持したまま、耐塵防浸型IP67相当を確保」しているのです。

TPZ-D553の薄くなったバッテリー

バッテリーは、TPZ-D503もTPZ-D553も同じ1,100mAのリチウムイオンですが、薄く小さくなっています。これは「リチウムイオンバッテリーには保護回路が必要になるのですが、これを小さくしています」とのことです。

そして「回路部分を上側に配置することでスリム化。結果として薄さだけではなく、握りやすさにも貢献」しているのです。

とはいえ、バッテリーの小型化には限界があります。「そこでバッテリーの消費電力を抑える回路設計を行い、バッテリーの容量が同じでも、動作時間を長くするようにした」とのこと。その結果、実力値ではTPZ-D503を上回っています。

■「TPZ-D553」おすすめ記事
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
TPZ-D553が採用したアンテナ接栓とセカンドPTT

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事