ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マクドナルドのバイト用語でクラウンとは?

マクドナルドのカウンターで商品を待っていると、カウンターの奥から効きなれないバイト用語を聞いたことはありませんか? 店員やバイト同士が使う不可解な言葉の意味はどうしても気になってしまうもの。そこでマクドナルドのバイト用語をまとめてみました。



スポンサーリンク
マクドナルドのバイト用語

マクドナルドにバイト用語が存在

飲食店に行くと、店員同士の会話の中に聞き慣れない単語や、会話の脈絡とは違う単語が発せられることがあります。「隠語」と呼ばれるもので、一般の客には悟られないように使われる暗号のことです。

そのパターンはいくつかあります。例えば、長いメニュー名の短縮化や、「トイレ」「ゴキブリ」などマイナスイメージのものに多く隠語が存在するようです。ここではマクドナルドのバイト用語をまとめてみました。

まずは「クラウン」は、基本メニューであるハンバーガーのバンズの上の丸い方のこと。一方の「ヒール」はバンズの下のひらべったい方です。英語の略称なら「HLZ」はバーガー類の保温棚のこと、「SGC」はクーポン券を表します。

バイト用語によくある飲食店隠語

マクドナルドのバイト用語では、よくある飲食店隠語もあります。「ウェイスト」は食品廃棄、「サンキューボックス」はゴミ箱、「クレンリネス」は掃除を意味します。

接客系なら「ギブアウェイ」は子供用に無料であげる小物のこと、「オーバリング」は注文修正のこと。「サジェスト」はおすすめメニュー、「フォース」は期間限定メニューです。

このほか「コンディメント」はガムシロなど商品付属品、「シェルフライフ」は消費期限、「Q-ing」は電子レンジを表します。この情報は『ラジオライフ』2015年4月号に掲載されていました。(文/今野博志)

■「マクドナルド」おすすめ記事
マック裏メニュー「タレ抜き」てりやきバーガー
マックカード500円分が100円でゲットできる
スタバ裏メニュー!マックも野菜が増量できる

■「バイト用語」おすすめ記事
スターバックスのバイト用語でドライの意味は?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事