ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレーム対応で飲食代が無料になることもある

個人の力が増幅された分、同時に行き過ぎたクレームがたびたび事件も発生。「クレーム=ゴリ押し」というイメージが強くなり、英語の「claim」が持つ「正当な権利を主張する」という本来の意味が弱くなっています。ファミレスやメーカーのクレーム対応の実例を見ていきましょう。



スポンサーリンク
クレーム対応で飲食代が無料になることもある

飲料メーカーのクレーム対応

まとめ買いの好きな会社員のCさんは、瓶タイプの「ウィ◯キンソン ジンジャエール」を箱買い。その中の1本を飲んでいると、口の中に違和感があり、台所で吐き出すとガラス片が…。ゾッとして、すぐにア◯ヒ飲料へ電話すると、東京営業所から都合のいい日に回収しに行くといわれたそうです。

休日の午前中を指定すると、朝7時ぐらいから携帯を鳴らされ、結局10時頃に自社の500mlペットボトルのお茶3本を手土産(?)に営業所長がクレーム対応に来たので現物を提出しました。

約1週間後、途中報告を受けます。瓶は欠けてないので、製造中に混入した様子。もう少し調べたいといわれたままで、現在も連絡待ちなのだとか。口の中が血まみれになっていたら、もっと強く苦情をいったかもしれないと語ります。

最終的にどうなったかはいまだ回答がないそうです。ちなみに、企業のクレーム対応に詳しいX氏によれば、缶飲料の異物混入はかなりの確率で排除できるが、瓶タイプだと異物混入の排除は難しくなるといいます。

中華ファミレスのクレーム対応

中華ファミレス「バー◯ヤン」で家族と食事をしていたエンジニアのFさん。奥さんが小さな悲鳴を上げたので、何事かと思ったら麻婆豆腐に小さな虫が…。具材と色が似ていて分かりにくいものの、確かにアイツだったそうです。

騒げば他のお客さんや店も嫌がりそうなので、店員に虫を指さしつつ、小声で皿をすぐにさげてもらうよう依頼。店側は申し訳なさそうに謝罪し、代わりを持ってきてくれたのですが、奥さんや娘さんは箸をつけません。

Fさんはもったいないからと1人で平らげたとか。普通にレジで会計して帰ろうとすると、お代は結構ですと数千円の飲食代がタダになったそうです。Fさんは、安上がりな近所の中華料理屋さんとして重宝していただけに、妻子がしばらく敬遠しそうなのが気がかりと話します。

■「クレーム対応」おすすめ記事
クレーム対応の定番はやっぱりQUOカードだった
牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い
クレーム対応で代替品が大量に届いたケースとは
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違う?
クレーム代行業者を使うのはどんな人が多い?
クレーム代行業者の「要求を認めさせる4か条」
企業が恐れるクレームと攻めの最新対応法とは?
クレーマーが世に知れ渡るきっかけとなった事件

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事