ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TPZ-D553が採用したアンテナ接栓とセカンドPTT

2016年に発売された5W機のJVCケンウッド「TPZ-D553」は、運用中のチャンネルを変えることなく、別のチャンネルで送受信できる「セカンドPTT」という機能を搭載しました。また、アンテナ接栓はアマチュア機と同じSMA-J型を採用しています。その理由を開発チームに聞きました。



スポンサーリンク
TPZ-D553が採用したアンテナ接栓とセカンドPTT

TPZ-D553で採用したアンテナ接栓

TPZ-D503のアンテナ接栓が業務機と同じ“逆接栓”ですが、TPZ-D553ではアマチュア機と同じになりました。これはユーザーからの強い要望で変更された部分といいます。

「TPZ-D503は業務機と同じアンテナ接栓の形状、SMA-P接栓を採用しました。これは業務機ではおなじみの方式で、アンテナを強くぶつけても無線機本体の接栓を壊さないよう、アンテナ側の接栓が壊れるようにできているからです」。

「SMA-J接栓を採用するアマチュア無線機から見れば“逆”ですね。なので、市販品のアンテナへ交換する際には変換コネクタが必要になります。これがホビーユーザーから不満の声をいただいていたので、TPZ-D553はアマチュア無線機と同じ、SMA-J接栓にしました」というわけです。

TPZ-D553のセカンドPTT搭載の理由

セカンドPTTを搭載した理由は「業務無線の現場に行ってみると、腰に2つの無線機を付けている人を意外と多く見かけます。これは会場の中と外といった具合に、2つのグループと通話する必要のある人が結構いる」といいます。

「頻繁にやりとりするわけではないのですが、2つのグループを管理するため無線機を2台持たないといけないシチュエーションは多い」といいます。ただ、いくらTPZ-D553が軽くなったとはいえ、2台持つのは効率的ではありません。

「ならば、無線機を2台持つことなく、1台の無線機にPTTスイッチを2つ設けて、それぞれ別のチャンネルを送受信できれば携行する無線機は1台で済むじゃないか、というのが原点ですね」とセカンドPTTを搭載した理由を話します。

■「TPZ-D553」おすすめ記事
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
TPZ-D553は防水構造とバッテリーを見直した

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事