ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「IC-DPR3」取扱説明書に載っていない裏コマンド

ライセンスフリー無線として定着してきた351MHz帯のデジタル簡易無線。重量級の5W機しかなかった第1世代機の中で、特定小電力トランシーバのようなルックスを持つ小型・軽量機が登場しました。送信出力を1Wに割り切ったアイコムのデジタル簡易無線登録局機「IC-DPR3」です。



スポンサーリンク
「IC-DPR3」取扱説明書に載っていない裏コマンド

IC-DPR3はスキャン機能を初搭載

実はこのデジタル簡易無線登録局機に注目したのは受信マニア。持ち歩きに適したサイズはもちろん、351MHz帯のスキャンが可能で、ユーザーコードを割り出す裏コマンドまで存在していたから。第2世代機の元祖はIC-DPR3なのです。

IC-DPR3の特徴は、初搭載されたスキャン機能。約8秒で全30チャンネルをスキャンする機能です。スキャンするチャンネルはセットモードで個々に指定。最初の設定はセットモードから2工程を経て行います。

実際にはスキャンしたいチャンネルに1つずつ、スキャン対象チャンネルに含めることを設定していきます。スキャンボタンの長押しで動作するので、操作性は良好です。

IC-DPR3に周波数表示の裏コマンド

そして、IC-DPR3の特殊機能といえば、取扱説明書に記載されていない裏コマンドでしょう。まずは、裏コマンドのユーザーコードサーチです。。アナログ波のトーン周波数やDCSに相当するのが、ユーザーコードです。

受信中に機能ボタンを押下。ユーザーコード入力状態で「▲」か「▼」ボタンを押すと、サーチが始まってユーザーコードを割り出せます。

IC-DPR3には、周波数表示に切り換える裏コマンドを搭載。チャンネル表示よりも周波数表示の方が認識しやすいという、受信マニアは大勢います。そんな人にオススメの裏コマンドです。ただし、少数点は表示されずに8ケタの数字が並びます。

■「アイコム」おすすめ記事
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
IC-R6は総合性能が高くて航空祭に向いている
アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事