ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

WAON POINTは他社クレカでポイントを二重取り

2016年6月より始まったのが、イオン系の「WAON POINT」。基本的には、WAON POINTカードを加盟店で提示した上で、現金や商品券などで支払うと、ポイントが貯まるという仕組みです。ただし、このWAON POINT、若干ややこしい仕様になっているのが難点。WAON POINTのポイントアップ術を紹介します。



スポンサーリンク
WAON POINTは他社クレカでポイントを二重取り

WAON POINTの鉄板クレジットカード

WAON POINTカードで貯まるのが「WAON POINT」で、電子マネーWAONで貯まるのは「WAONポイント」。さらに、イオンカードで貯まるのは「ときめきポイント」です。同じイオン系のサービスであるにも関わらず、貯まるポイントはバラバラ…。

仮にイオンでWAON POINTカードを提示して、イオンカードで支払うと、付与されるのはときめきポイントだけ。二重取りはNGです。WAON POINTに登録した電子マネーWAONで支払うとWAON POINTは付与されますが、未登録の場合はWAONポイントが付与というように、現時点では消費者不在の制度設計がなされています。

とはいえ、イオン系の利用が多いなら、お得なサービスです。そこで、WAON POINTのポイントアップ術を紹介しましょう。まずはWAON POINTの鉄板クレジットカードが年会費無料の「イオンカードセレクト」です。

WAON POINTと他社ポイント二重取り

キャッシュカード+クレジットカード+電子マネーWAONが1枚になったカード。イオングループの対象店舗ならポイントが2倍です。貯まったときめきポイントを、WAON POINTに交換することができます。

ただし、イオンでWAON POINTカードを提示してイオンカードで支払ってもポイントは二重取りできません。そんなときは、イオンカード以外のクレジットカードと組み合わせるのがWAON POINTのポイントアップ術です。

イオンなど加盟店での支払い時に、WAON POINTカードを提示&イオンカード以外のクレジットカードで支払いをします。これでWAON POINTと他社ポイント両方を二重取り。なお他社ポイントは、それぞれのカードの付与率によります。

また、登録済みの電子マネーWAONで支払うのもWAON POINTのポイントアップ術。電子マネーWAONをWAON POINTに登録した上で使うと、200円=1WAON POINTに加え、加盟店での月額利用金額に対して、500円=1WAON POINTが貯まるのです。(文/大正谷成晴)

■「WAON」おすすめ記事
ワオンカードを無料で発行する方法は2つある

■「POINT」おすすめ記事
Tポイントの個人情報提供を停止する方法とは
Tポイントを現金化するならジャパンネット銀行
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
ポイントを貯めるなら一攫千金を狙うべし!
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。