ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電量販店の「9番対応」はクレーム対応の意味

もし某大手家電量販店で「9番対応、起きてます!」という言葉を聞いたら、店内を見回してみましょう。「9番」とはクレームの隠語。対応に追われる店員の姿が見えるハズ。ここでは、ある大手量販店を例に、クレーム対応の実態を解説していきます。



スポンサーリンク
家電量販店の「9番対応」はクレーム対応の意味

クレームの最終対応は実店舗の店長

この量販店の態勢は、徹底的な“現場主義”。クレームの最終対応者は、本社のカスタマーセンターではなく、実店舗の店長だそうです。本社の顧客窓口に来た電話もすべて、「近くの〇〇店に相談して」と店舗に丸投げ。近年、力を入れている通販に関する不満でさえ、実店舗マターというから驚きです。

店舗でのクレーム対応はまず平社員が対応。続いて、返金対応ができる「グループリーダー」が登場します。ただし、10万円以上の返金や、元の価格の1割以上の値引きなどの高額事案であれば、コーナーのマネージャーが対応。納得しなければ副店長、店長が呼び出されます。

クレーム内容の大半は、購入した製品の返品・返金や大幅な値引きの要求。中には「勝手に壊れた」と無料での保障修理を求めてくる客もおり、そうした悪質クレーマーは「話を聞いた上で、完全否定はせずに理解してもらう」方針を貫いています。ただし、かなり稀なケースですが、超厄介なクレーマーには商品券を渡して帰ってもらうこともあるようです。

ポイントカードのクレーム対応は本社

一方、家電量販店のポイントカード制度は年々、複雑化しています。使い方によって還元率が変化したり、クレジットカードと一体化したり、公共料金の支払いでもポイントをもらえたり…。

客側の戸惑いも当然大きく、実際に来るクレームとしては「カードの期限が切れてしまったがポイントを使いたい」「なぜ家族の分のポイントを一緒にできないのか」といった内容が多いといいます。

量販店側もこの対応には苦しんでおり、ポイントカードに対する質問やクレームについては、専門の窓口を本社に設けているケースがほとんど。そして、専門の窓口を担当するのは、ポイントカードの運用法を知り尽くしたベテラン社員10人ほど。店舗で働く社員たちも分からないケースがあれば、その都度この窓口に連絡してアドバイスをもらっているのでした。

■「家電量販店」おすすめ記事
家電量販店で購入するメリットを忘るべからず
家電量販店で値引き交渉不可の商品を知っておく

■「クレーム」おすすめ記事
クレーム代行業者の「要求を認めさせる4か条」
牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い
クレーム対応で代替品が大量に届いたケースとは
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
Amazonのクレーム対応は商品によって違っている
クレーマー対応は「NGワードをいうまで待つ」
クレーマーにカモにされやすいタイプはこんな人
悪質クレーマーが苦手とするタイプはどんな人?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事