ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

タクシーへのクレームは運輸局かタクセンへ行う

あまりにも許しがたい事態なのに、クレームをいっても相手は改める気配がない場合は、苦情の矛先を正面ではなく、搦め手に変えるのが有効です。そんなときは監督官庁や業界の因習に歯止めをかける第三者組織を利用しましょう。たとえば、タクシーへのクレームは運輸局かタクセンへ行います。



スポンサーリンク
タクシーへのクレームは運輸局かタクセンへ行う

タクシーのクレームは運輸局が有効

最近はGPSやドライブレコーダーで記録が残るため、問題のあるタクシードライバーは減り気味ではあります。とはいえ、車内は密室空間、深夜の走行もあり、歩合主体の給与体制となれば、違法走行や飲酒運転などもあるでしょう。

そんなときは、客席ドアの脇や料金表示器の近くにある実車番号とタクシー会社・運転手名をメモ。監督官庁である運輸局、もしくは運輸支局へのクレームが有効です。

横柄な態度や乱暴な運転に対するクレームは、都市部なら「タクセン」と呼ばれるタクシーセンターへ行います。タクシーの多い東京や大阪の都市部では、タクシーセンターが設置されているのです。

クレームの窓口はタクシーセンター

都内であれば東京タクシーセンターです。タクシーセンターはクレームの窓口となり、サービスの向上を務めています。なければタクシー会社に連絡。注意や減給処分もありえます。

監督官庁へのクレームという意味では、飲食店の場合は保健所へのクレームが有効です。食中毒のような重大な問題以外にも、髪の毛やビニール片などの異物混入の問題は、保健所の指導業務の範疇です。被害が明確な場合は営業停止処分もありうるので実効性が高いでしょう。

なお、不愛想な接客やオーダーミスなどサービス面の不手際に関しては、保健所はノータッチ。チェーン店なら本部のお客様相談窓口に、個人店なら「食べログ」などに、事実に基づいたダメな事例として、指摘しておくといいでしょう。(文/今野博志)

■「タクシー」おすすめ記事
個人タクシーを選ぶなら屋根の☆☆☆が目印
タクシー無線の周波数をスキャンするコツとは?

■「クレーム」おすすめ記事
クレーム代行業者の「要求を認めさせる4か条」
牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
Amazonのクレーム対応は商品によって違っている
Amazonの配送クレームでプライム会員1か月延長
クレーマー対応は「NGワードをいうまで待つ」
クレーマーにカモにされやすいタイプはこんな人
悪質クレーマーが苦手とするタイプはどんな人?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事