ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビデオテープをPCなしでDVDにダビングする方法

家族の記録、懐かしのテレビ番組などを収録したVHSビデオテープ。VHSビデオデッキの生産を続けていた船井電機が2016年7月末についに終了し、ビデオテープのデジタル化は待ったなしといった状況です。そこで、PCなしでビデオテープをDVDにダビングできる「MEDRECD8」を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ビデオテープをPCなしでDVDにダビングする方法

ビデオテープの映像を永久保存

ビデオテープのダビングに活用したいデジタル化機材が「MEDRECD8」。この製品は、VHSビデオデッキとコンポジットケーブルで接続してデジタル化できる専用ツール。その最大の魅力は、DVDに直接データを焼けることです。

「MEDRECD8」のディスプレイサイズは2.8インチカラーLCD、保存形式はMPEG2/MP4、対応DVD形式はDVD+R/DVD+RW/DVD-R/DVD-RWとなっています。サイズは150W×40H×150Dmmで重さは409g。実勢価格は24,800円です。

機器自体に液晶ディスプレイが搭載されているので、PCやテレビを必要としないのもポイント。SDカードやUSBメモリにもデータ保存が可能です。これで思い出の詰まったビデオテープの映像を、手間なく永久保存できます。

ビデオテープをDVDにする手順

実際に、PCなしでビデオテープをDVDにダビングする手順を見てみましょう。VHSデッキの出力端子、「MEDRECD8」の入力端子にそれぞれコンポジットケーブルを挿し込だけで準備はOKです。

「MEDRECD8」を起動したら、メニュー画面の最下部にある「設定」を選択。ここで保存形式、チャプター、画質などを決めるのです。DVD化には、BDプレーヤーなどで再生する「ビデオ」モード(DVD-Video形式)と、PCで視聴する用の「データ」モード(MP4・MPEG形式)があります。

焼き付けタイプをビデオにすればDVD-Video形式でオーサリング。DVDプレーヤーで見られます。DVDをセットしたら希望するメディア保存を選択。今回はビデオテープからDVDに保存するので、「外部ストレージ→DVD」を選択しました。

ビデオテープを再生すると、MEDRECD8の液晶ディスプレイに映像が出力されるので録画ボタンをプッシュ。これでDVDに映像が保存されます。(文/まりえん)

■「ビデオテープ」おすすめ記事
ビデオテープをPCなしでMP4ファイルにする方法
ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本
ビデオテープをPCを使ってデジタル化する方法
ビデオテープをAndroidにダイレクトダビング
ビデオテープをデジタル化するための3つの方法

■「デジタル化」おすすめ記事
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
アナログレコードを高音質でデジタル化する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事