ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

燃費向上グッズは磁力で燃料分子を細かくする!?

ガソリン価格値上がりのニュースが流れるたびに、ドライバーは憂鬱になるものです。巷にはそんなドライバー心理を突いた“燃費向上”をうたうカーグッズが多々あります。そこで、燃費向上グッズを使って実際に路上テスト。その燃費向上の成果を検証してみました。



スポンサーリンク
燃費向上グッズは磁力で燃料分子を細かくする!?

燃費向上グッズをテストした

燃費向上グッズ「MG-600」は、燃焼前の燃料分子結合体を磁力で細分化します。燃料ホースに設置すると、酸素と結合しやすくなり、燃費消費率が上がるとのこと。果たして本当に燃費向上するのか、テストしてみました。

首都圏中央連絡自動車道千葉西料金所~木更津北間(約40km)を往復。85km/hの一定速度で走行しました。結果は平均速度差が0.3km/hで平均燃費差がリッターあたり0.7kmです。

MG-600を装着した方が、若干燃費向上した結果となりました。長期間設置していればさらなる効果が期待できるかもしれません。サイズは130W×102H×68Dmmで、重さは82g。実勢価格は1,280円です。

古典的燃費向上チューニング

エンジン周辺に電線を張り巡らせるアーシング。アースポイントを増加させると、マイナス側の電気の流れがスムーズになり、エンジンの効率を引き上げてくれるといいます。

そんな古典的燃費向上チューニンググッズが「汎用アーシングキット」。レーサーなども取り入れるチューニング方法なので、信憑性が高い模様。0を1にはできませんが、マイナス(劣化)を0に戻すものと考えるべきでしょうか。

アーシングの主な箇所はオルタネーター、バルクヘッド、純正アースなど。マイナス端子をバッテリー部分に収束させ、プラスをそれぞれの部位に設置します。汎用アーシングキットは長さ4mで、重さは581g。実勢価格は1,900円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事