ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

事故車をチェックするならトランクの床下を見る

中古車を購入する時の重要なチェックポイントが、クルマが事故車かどうか。年式や走行距離の少なさだけで選びがちですが、それだけでは危険でしょう。フレームにダメージを受けた事故車の場合、走行性能に影響が出るからです。そこで、事故車を見分ける4つのポイントを紹介しましょう。



スポンサーリンク
事故車をチェックするならトランクの床下を見る

事故車の見極めは4点をチェック

事故車とは、事故を起こして修復したクルマのこと。とくに、クルマのフレームにダメージを受けていると走行性能に大きく影響を受けます。このため、中古車を購入する時にしっかり見極めなければなりません。

そこで、事故車を見分けるポイントを紹介しましょう。ダメージカーを避けるための、事故車の見極めは以下4点をチェックします。

1つめは、ボンネットやドアが閉まっている状態でパネルの隙間を確認します。事故を起こしてないクルマは、ドアやボンネットの隙間が均一。パネルが浮いていたり、フレームが曲がっていたら、修理・交換している可能性ありです。

2つめは、ボンネットやトランクのボルトの塗装をチェックします。ボンネットを開き、車体とエンジンの繋ぎ目部分のボルトを確認。1つだけ交換されていたり、塗装が違うなどは過去に修理されたということです。

事故車のほか水没者も紛れ込む

3つめは、ドアの縁にあるシーリングに歪みがないかチェックします。ドアの縁にある防水加工のシーリング部分は、側面に衝撃を受けているとシーリングの形状に歪みが出る部分。交換の可能性もあるので既成品と見比べましょう。

4つめは、トランクの床下にシワがよってないか確認します。後ろからの追突事故をされている事故車の場合、トランクのスペアタイヤが置かれる部分にもシワや歪みが出るからです。

また、最近では中古車に水没車が紛れ込むケースも増えているといいます。ボディの塗装、サビ剥げのチェックもお忘れなく。冠水車の場合は、トランクの床下がサビている場合もあるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事