ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニコーヒーはコスパならセブンイレブン

今やコンビニの定番商品といえるドリップコーヒー。1番小さいサイズのホットコーヒーは全店100円ですが、内容量やカップの構造などには各店ごとに違いが見られます。そこで、コンビニ各社のコーヒーを実際に購入して、コストパフォーマンスの視点で比較にしてみました。



スポンサーリンク
コンビニコーヒーはコスパならセブンイレブン

コンビニコーヒーをコスパで比較した

さっそくコンビニコーヒーをコスパで評価。内容量、淹れた直後の温度、15分後の温度をそれぞれ計測し、比較しました。

まずはセブンイレブン。総重量180gで内容量は160gです。1gあたり0.625円という計算になります。コーヒー豆の種類はアラビカですが、産地は不明。淹れた直後は74.6度で、15分後はマイナス16.5度でした。評価は「◎」です。

ファミリーマートは総重量170gで内容量は150g。1gあたり0.667円となりました。コーヒー豆の種類は不明ですが、産地はグアテマラ。淹れた直後の温度は77.1度で、15分後にはマイナス18.5度という結果です。評価は「×」となります。

ローソンは総重量165gで内容量は150g。1gあたり0.667円でした。コーヒー豆の種類はアラビカで、産地はブラジル・イパネマ農園です。淹れた直後の温度は78.8度で、15分後はマイナス21.0度。評価は「○」でした。

コンビニコーヒーはコスパならセブン

ミニストップは総重量180gで内容量は165gです。1gあたり0.606円となります。コーヒー豆の種類はマンデリンで、産地はインドネシア・スマトラです。淹れた直後は421度で、15分後はマイナス18.5度。評価は「○」です。

サークルKサンクスは素重量175gで内容量は160g。1gあたり0.625円でした。コーヒー豆の種類はアラビカで、産地は不明。淹れた直後の温度は76.1度、15分後はマイナス18.2度でした。評価は「△」となります。

こうして、コンビニ各社のコーヒーをコスパで比較した結果、もっともおトクなのはセブンイレブン。内容量は容量1g当たり0.625円と他と大差ありませんが、原価が1杯46.8円の豆を使用しています。保温性もバツグンという結果でした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。