ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

VRゴーグルはタイプによってコンテンツが違う

「PSVR」の発売で注目が集まっている「VR(Virtual Reality)」。VRゴーグルを装着することで、コンピュータが作り上げた架空の世界に没入できます。そんなVRゴーグルは主に2タイプ。しかも、対応するコンテンツはVRゴーグルのタイプによって異なっているのです。


スポンサーリンク
VRゴーグルはタイプによってコンテンツが違う

VRゴーグルは2つに分類される

現在販売されているVRゴーグルは、「スマホ内蔵タイプ」と「ディスプレイ内蔵タイプ」の2つに分類されます。前者はVR映像の処理や傾きの感知をすべてスマホで行うのに対し、後者はPCまたは専用の外部ユニットで行います。

スマホ内臓タイプは、手持ちのスマホを装着して使うタイプで、PCや高い機材は必要ありません。ただしVRゴーグルの中には、専用のスマホでないと使えないものもあります。

ディスプレイ内蔵タイプは、ディスプレイが組み込まれたタイプで、映像処理は外部PCなどで行うもの。頭の動きだけでなく、体の動きを感知するセンサーやコントローラーがセットになります。

VRゴーグルでコンテンツが異なる

このため、VRゴーグルはスマホ内蔵タイプよりも高度なVR体験が可能になるのです。ただし、安くても4万円と値が張るのが難点でしょう。スマホ内臓タイプは安いものは1,000円から買えます。

コンテンツに関しては、使用するVRゴーグルによって異なるので、購入の際はどんなコンテンツをプレイしたいかを考えながら選びましょう。

スマホ内蔵タイプは、基本的にはApp StoreかGoogle PlayからVR対応アプリをダウンロードして遊びます(一部例外もあり)。しかし、ディスプレイ内蔵タイプは専用のソフトのみの対応。そのため、コンテンツの充実度も商品購入の大きな決め手となります。

■「VRゴーグル」おすすめ記事
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル
おすすめVRゴーグルはスピーカーの臨場感が違う
1,000円以下で本格的なVRゴーグルを作る方法

■「VR」おすすめ記事
スマホでVR動画を楽しむ方法は超カンタンだった
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
VRコンテンツが無料アプリで簡単に作成できた
VRコンテンツの基本はYouTubeにある360度動画
VRコンテンツが無料で楽しめる無料アプリ4選
VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する
Gear VRはスマホ連動で気軽に本格的なVR体験

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事