ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いま食べるべき!サークルKサンクスのPB商品

ファミリーマートに経営統合され、来春には姿を消す「サークルKサンクス」。長きにわたり愛された独自のPB商品が、徐々に消えつつあります。ファミリーマートとの統合が進行中で、店舗には2つのPBが混在。姿を消す前に食べておくべき珠玉のサンクス飯を紹介しましょう。


スポンサーリンク
いま食べるべき!サークルKサンクスのPB商品

サークルKサンクスのレジ横販売

焼きとりを店舗レジ横で販売しているのは、全コンビニ中でサークルKサンクスだけ。「ジャンボ焼きとり」(128円)は、肉部分だけで最大16cmのボリュームが特徴で、「つくね」「すなぎも」など種類も豊富です。

味のほうも専門店に引けを取らないレベル。1番人気の「ぼんじり」は身がプリプリ! 注文すれば10分ほどで焼いてくれるので、できたてをテイクアウトできます。

「千とせ監修 肉吸い」(350円)は、大阪・難波にある「肉吸い」発祥の有名店が監修しました。関西風だしとホロホロの牛肉、シャキシャキしたネギのバランスが絶妙。白飯が食べたくなる美味しさです。

サークルKサンクスの人気スイーツ

サークルKサンクスのスイーツシリーズ「Cherie Dolce」の人気商品が「窯出しとろけるプリン」(150円)。ファミマの「ミルクとたまごの味わいとろけるプリン」と比較すると、濃厚で舌触りも滑らか。高級感があります。

2017年2月までには全店舗の屋号がファミリーマートに変更され、姿を消してしまうサークルKサンクス。PB商品も一本化され、独自のカウンターフードや「Cherie Dolce」のスイーツともお別れです。

…と思いきや、人気商品については引き継がれる可能性があるといいます。実際に、人気のスイーツ「濃厚焼きチーズタルト」はファミリーマートでも販売を開始。残してほしいお気に入りの商品があれば、今のうちに要望を伝えましょう。(文/野口美樹)

■「サークルKサンクス」おすすめ記事
ビニール傘はサークルKサンクスが折れにくい

■「コンビニ」おすすめ記事
顔認証システムがコンビニの万引き被害を防ぐ
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事