ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いまコンビニアイスはキャラメル味がトレンド!

夏の売り上げが高そうなコンビニのアイス。実は、冬の方がよく売れています。暖かい部屋で食べる濃厚なアイスクリームが人気を呼んでいるのです。このため、近年のコンビニは秋冬に完成度の高い濃厚なアイスが登場します。そして、いまコンビニアイスはキャラメル味がトレンドなのです。


スポンサーリンク
いまコンビニアイスはキャラメル味がトレンド!

濃厚なコンビニアイスが冬に登場

コンビニの一角に必ずある冷凍庫の商品棚には、季節を問わずアイスクリームが陳列されています。さて、ここで問題です。アイスが最も売れるのはどの季節でしょう? 「夏!」と即答したくなりますが、答えは冬です。

というのも、夏季は暑さのため、アイスはすぐに溶けてしまい、なかなか味わって食べられません。一方、冬は外は寒くとも、暖房の効いた室内なら、適温の状態でじっくりと堪能できるのです。

こうして完成度の高い。そんな“冬アイス”の傾向は近年ではすっかり定着化し、各アイスメーカーやコンビニのPB部門は秋冬用の「濃厚&リッチ」路線の新商品をやっきになって開発しています。

コンビニアイスはキャラメル系

具体的には、濃厚なチーズケーキ味、きなこやあんこを取り入れた和風アイス、生チョコや抹茶といったオトナ路線など。さらに夏は姿を消していた、マンゴー・バナナ・メロン・イチゴなどの味の濃い果物系、定番お菓子やスイーツのアイス版が店頭にカムバックしてくるのもこの時期です。

そして、今年の冬のコンビニアイスでとくに目立っているのはキャラメル系の商品です。例えば、森永乳業の定番アイスに登場した「ピノ香ばしアーモンドキャラメル」(140円)や「チェリオ キャラメルダーク」(140円)などです。

セブンプレミアムもキャラメル押し。「塩バニラ&キャラメルソース クルミトッピング」(214円)に、「焦がしキャラメルモナカ」(189円)をラインアップ。今後の冬アイスの定番になるかもしれません。

■「コンビニ」おすすめ記事
コンビニエンスストア5大チェーンの基礎知識
コンビニエンスストアの今後はどうなっていく?
顔認証システムがコンビニの万引き被害を防ぐ
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事