ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

網戸掃除は「お掃除ローラー」で時間を節約する

網戸掃除は年に一度の年末の大掃除の時と決めている人も多いでしょう。とはいえ、網戸をしっかり洗おうとすると、外さなくてはならず面倒。マンションやアパートでは外す場所もありません。網戸掃除は「お掃除ローラー」を使って手早く済ませて、時間を節約しちゃいましょう。


スポンサーリンク
網戸掃除は「お掃除ローラー」で時間を節約する

網戸掃除は片側をローラーするだけ

網戸掃除は網戸を外さず裏まで洗える専用グッズを使って、手早く清掃してしまうのが効率的でしょう。ハンディ・クラウンの「お掃除ローラー」は、片側をローラーで滑らせるだけで、その裏側まで一気にきれいにしてくれます。

お掃除ローラーの実勢価格は760円。水切りスティックが付属しています。使い方は、ローラーに洗浄液を付けて網戸の片側に転がすだけ。細かい繊維が裏側まで回り込んで汚れを取るのです。掃除の時間を節約できます。

100円ショップなどで販売されている、メラミンスポンジを使った網戸掃除もおすすめです。メラミンの微細なスポンジが、網戸の目に入った汚れを削ぎ落してくれます。

網戸掃除は外さなくてもきれいになる

使い方は、水を含ませたメラミンスポンジで網戸をなぞるだけ。内側から外側の順で両面行うと、気持ちいいくらいに汚れが落ちるでしょう。網戸掃除を外して水洗いしなくても、かなりきれいになります。

なお、ベランダの掃除は高圧洗浄機の代名詞「ケルヒャー」に勝るものはありません。デッキブラシでゴシゴシやる時間を大幅に短縮できます。一見、大量の水を使っていそうですが、通常の散水より節水効果大です。

高圧洗浄機は跳ね返りも激しいため、家屋側から排水側に向かって絶えず一定の方向で作業。サッシの汚れも瞬時にきれいになります。ただし、室外機に浸水しないよう養生マスキングテープを使いたいところです。

■「掃除」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず
スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事