ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察無線で使用されるPチャンイヤホンの実力

警察官が無線を受信するために使用していること名付けられた「Pチャンイヤホン」。警察無線のみならず、数多くのプロの現場で使用されている受信用イヤホンの代名詞ともいえる存在です。Pチャンイヤホンのほか、受信に最適なイヤホンをピックアップしました。


スポンサーリンク
警察無線で使用されるPチャンイヤホンの実力

警察無線で使用されるイヤホン

屋外での受信には音を外部に漏らさないイヤホンは必需品。イベント受信では1日中、装着していることもあるのだから、快適に使える耳に合ったイヤホンを選ぶことが重要になります。

そんななか長年にわたり、受信マニアに愛用されてきたイヤホンが“Pチャンイヤホン”と呼ばれるアシダ音響の「PR-17」です。Pチャンの名の通り、警察無線で使用されており、プロの現場で広く使われている信頼性の高いイヤホンです。

特徴は長時間、耳に入れていても痛くならない耳栓。シリコンゴム製で柔軟性があり、耳の穴にフィット。激しく動いても抜けることがありません。耳の穴に入れる耳栓は交換部品が用意されていて、汚れたら交換可能です。

イヤホンの音質は無線交信用

Pチャンイヤホンの音質は無線交信用にチューニングされているため聞きやすく、音量を上げる必要がないので、電池の寿命も長くなります。ベーシックモデルの実勢価格は1,600円。透明チューブなどのオプションも多彩です。

第一電波工業の耳かけ式の「HE87」は、小型スピーカーを耳に当てているので音の伝わりがマイルド。周囲の音もよく聞こえます。重さは16.7g。実勢価格は1,800円です。ただし構造上、スピーカーからは若干の音モレがします。

同じく第一電波工業の透明チューブ式の「DEH17」は、チューブを伝って受信音を聞くイヤホン。キンキンした高音が抑えられ、自然な音に聞こえます。重さは19g。実勢価格は2,000円です。透明チューブの使用で耳周りが目立ちません。

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと

■「Pチャンイヤホン」おすすめ記事
公安警察は耳にかけるPチャンイヤホンが目印

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事