ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

インフルエンザ対策はうがいより効く「えんげ」

これまでインフルエンザ対策といえば、うがいと手洗いというのが定番でしたしかし、うがいではのどの奥で繁殖しているウイルスには届かないため、その効果を疑問視されています。そしていま、インフルエンザ対策に効果的とされるのが「えんげ」。最新のインフルエンザ対策を紹介しましょう。


スポンサーリンク
インフルエンザ対策はうがいより効く「えんげ」

インフルエンザ対策に嚥下が効く

体内に入り込んだインフルエンザウイルスは、おもにのどの粘膜から感染します。このため、外出から帰ってきたらうがいと手洗いを欠かさないことが、インフルエンザ予防に有効とされてきました。

しかし、のどの奥で繁殖しているウイルスにうがいの水は届きません。じつは、インフルエンザ対策に関してうがいの効果を疑問視している医師もいるほど。そして、うがいよりも効果があるとされるのが「えんげ」なのです。

えんげとは「嚥下」と表記するもの。ゴクンと飲み込む動作のことです。この嚥下を10分に1回行うことで、まずのどの乾燥を防ぎます。のどが乾燥していると、ウイルスはより繁殖しやすいからです。

インフルエンザ対策は緑茶を飲む

もう1つの嚥下の効果は、のどに付いたインフルエンザウイルスを洗い流すことにあります。嚥下によって、のどに付いた可能性のあるインフルエンザウイルスを洗い流してしまうのです。

ここで飲み込むことでインフルエンザウイルスが体内に入ってしまうことが気になるところ。じつは胃に流し込んでしまえば、非常に酸度が強い胃酸でほとんどのウイルスが死滅します。

すなわちインフルエンザ対策は、10分に1回ペットボトルの緑茶を一口ゴクンと飲み込むのが効果的。緑茶に含まれるカテキンはインフルエンザへの効能も期待されているので、さらに対策効果が高まるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事