ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

要求を呑ませるための正しいクレームの作法とは

いくら相手に非があるからといって、感情の赴くまま過剰な要求を行うと、時と場合によっては逮捕されることもあります。正しいクレームで、相手から最大限の償いを引き出しましょう。そこで、要求を呑ませるための正しいクレームの作法をご紹介。あくまでもクールに振舞います。


スポンサーリンク
要求を呑ませるための正しいクレームの作法とは

正しいクレームは台本を用意する

クレームは、相手に不手際があるのでどうしても怒り心頭になりがちです。しかし、大原則として感情的に行動するのは厳禁。話が通じない相手として、受け流し対応用の担当に回される可能性大です。

自動応答を経て誘導されるコールセンターでは「会話内容は録音しています」というアナウンスが事前に流れます。不用意な発言は逆に訴えられたり、意図せぬ言質を与えてしまうことにもなりかねません。

そうした前提を頭に叩き込んでから、正しいクレームの作法を見ていきましょう。正しいクレームはまず目的を明確にします。謝罪要求か交換か返金か…などをを明確にしたうえで台本を作って用意。こちらも録音して相手にその旨を伝えます。

クレームはお互い禍根を残さない

まずは目的と氏名、連絡先を簡潔に伝えてください。基本的には、困っていて助けを求めているスタンスです。また、それとなく裁量権限がある相手か確かめて、
権限がない場合は責任者への交代を促します。

実際のクレームでは、担当者が権限内で可能な落とし所を探していきます。また、直接面会する場合は万一のすっぽかしを避けるため、連絡先をできれば複数(直通の電話番号とメールアドレスなど)ゲットしましょう。

クレームの対応が行われたら手打ちメールを送ることも忘れてはいけません。お互い禍根を残さないようにすることも、正しいクレームの作法になります。再発防止の策を提案したりすれば完璧です。(文/今野博志)

■「クレーム」おすすめ記事
クレーム対応の定番はやっぱりQUOカードだった
牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い
クレーム対応で代替品が大量に届いたケースとは
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違う?
クレーム対応で飲食代が無料になることもある
クレーム代行業者を使うのはどんな人が多い?
企業が恐れるクレームと攻めの最新対応法とは?
クレーマーが世に知れ渡るきっかけとなった事件

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事