ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

SJCAMは数あるGoProコピーの中では屈指の性能

アクションカメラは「GoPro(ゴープロ)」がブランドを確立し、カメラ市場ではホットなジャンルの1つです。そこで注目したいのが、中華製のコピー品。数年前まで低価格低性能の代名詞でした。そんななか、SJCAMは数あるGoProコピーの中では屈指の性能を誇るのです。


スポンサーリンク
SJCAMは数あるGoProコピーの中では屈指の性能

SJCAM社のSJシリーズがメジャー

これまでGoProコピーは、コアなガジェットマニアの玩具に過ぎませんでした。しかし、最近では全体に性能が底上げされ、そこそこの性能のものが1万円程度で続々と登場。ライト層にも受けて、市場を侵食しています。

数あるGoProコピーの中で、最もメジャーなのがSJCAM社のSJシリーズです。「SJ4000」で名を売り、後継機の「SJ5000X」は中華系GoProの中でも屈指の性能を誇っています。

GoProコピーは現在、4K/24fps、1080p/60fps、WiFi対応が主流のスペックですが、SJ5000Xの安定度は一枚上手という印象です。なお、後継の上位モデル「SJ6LEGEND」「SJ7 STAR」が近日発売予定となっています。

なお、GoProコピーは、中華大手メーカーのOEMで中身は同一なものや、工場から少ロット単位で買い付けたものなどあり、無秩序に展開しているように見えます。しかし、現在主流のスペックと、チップセットを比較することでいくつかの系統に分類可能です。

SJCAMで使われているNovatek陣営

GoProコピーには、基本的にARM互換のSoC(CPU)が採用されており、組み込み用のLinuxで動作するので、SoCの種類とC-MOSセンサーの組み合わせで性能を類推できます。GoProコピーは大きく4陣営あるようです。

Novatek陣営は、SJCAMのSJ4000やSJ5000Xなどで使われ、OEMでも多用されています。設定項目が細かいのが特徴。上位チップの処理性能は高く安定感があります。Sunplus陣営は、低価格の割に性能は安定志向で使いやすい部類。ただ、設定項目が少なかったり、内蔵時計の仕様が他機種と異なるものがあります。

Ambarella陣営は、各メーカーでは一部のハイスペック機種で採用。AmbarellaA12はネイティブ4K/30fpsを処理できる、数少ないSoCです。AllwinnerV3陣営は、新参メーカーの4K対応廉価モデルで採用。2.7Kだけがまともで、1080pは画質が低いなど、ファームウエアの出来が悪い製品も多く、性能はピンキリです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。