ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

安い夜行バスをリッチなシートで快適にする方法

夜行バスでの移動はシートが狭くて苦手だという人には、広々とした超快適シートに座れる最新バスの旅がオススメです。昔ながらの4列シートに工夫を凝らしたバスのほか、3列独立シートも珍しくありません。安い夜行バスをリッチなシートで快適にする方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
安い夜行バスをリッチなシートで快適にする方法

東京~大阪間を夜行バスで運行

ウィラートラベルの「Luxia(ラクシア)」は、2016年10月導入の3列独立シート車両。シートはクッションが効いたソファのような作りで、シート幅は通常席と比べ10cm近く広めです。

しかも、背中側は最大146度までリクライニングします。隣席との間にはカーテンが設置されているため、個室感覚で利用できるの魅力です。東京~大阪間で夜行バスとして運行しており、料金は6,680円からです。

申し込みは、ラクシア紹介サイトから「予約はこちら」を押した日付指定画面から。料金と空き状況が確認できます。また、写真をSNSに投稿すると1万円割引のクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。

夜行バスの訳アリ席を選ぶのも手

また、快適さより安さ重視なら、夜行バスの訳アリ席を選ぶのも手。非常口前にある1席「ラクシア(エコノミー)」は、リクライニングの角度に制限があるため1,000~1,500円引きなのです。他にも「荷物なし限定」などがあります。

ラクシア紹介サイトの「予約はこちら」を押した日付指定画面で、右上の「このプランを含む他の全てのプランを表示」クリック。そこで表示された画面で日付を選択します。

すると、ラクシアの予約欄の下に、より安い訳アリ席の「ラクシア(エコノミー)」が出現するのです。最大リクライニングが136度とやや制限されるものの、割り引き料金なのは魅力でしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。