ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

観光地の交通情報は観光バス専用波の無線を聞く

乗り物無線の中でも地味な存在だったバス無線でした。しかし、他の無線がデジタル化したため、ここへ来て繰り上げ当選。聞いてみたら意外なほど、おいしくて…。現在人気上昇中の受信ジャンルがバス無線です。とくに、観光地の交通情報は観光バス専用波で受信できます。


スポンサーリンク
観光地の交通情報は観光バス専用波の無線を聞く

バス無線で地域の交通情報が聞ける

バス会社によって、無線の使用頻度には大きな違いがありますが、大多数がアナログ波で運用されているので、耳を傾ければ交信が聞こえてきます。バス無線と聞いて真っ先に興味がわくのが、長距離を走る高速バスの無線でしょう。

ただし、東京や大阪といった大都市と地方都市を一晩で結ぶ高速バスの交信は、遠距離通信になるためアナログ方式の無線では電波は届きません。一部でデジタルMCA無線が使われていましたが、手軽で絶対につながる携帯電話がメインです。

このため、バス無線の受信対象は高速バス&IP無線機の対極に位置する、路線バス&アナログ無線機です。路線バスからは、地域の交通情報や災害情報がいろいろと聞こえてくるからです。

観光地に行ったら観光バスの専用波

地元の交通情報が聞こえてくるので、ドライバーには良い情報源になりますが、出てくる地名がローカル過ぎて、市外から来た人や遠距離受信をしている人には、位置関係が分からないのが難点です。

観光バスが使う無線は、2台以上が連なって走る際に使われる車列無線です。バス同士の連絡波なので、営業所とは交信しません。そのためか、交信もざっくばらんな雰囲気です。

観光バスが集まる繁華街周辺や観光地では、駐車に関する打ち合わせが行われます。観光地に行ったら観光バスの専用波、149.31MHzに合わせましょう。あちらこちらから、交通情報が聞こえてきますよ。(文/さとうひとし)

■「バス」おすすめ記事
大型バスに乗るなら中央通路側が最も安全だった
大型バスに乗るなら前方左の窓側は絶対に避ける

■「無線」おすすめ記事
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」
消防無線は組織の運営が違っても運用方法は同じ
消防無線の周波数は「市町村波」が基本中の基本
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事