ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ターゲットにしたバス無線だけを聞く受信テク

観光地に行ったら観光バスの専用波に受信機の周波数を合わせましょう。あちらこちらから、交通情報が聞こえてくるはずです。とはいえ、観光バスの専用波はバス会社の声がひっきりなしに聞こえます。そこで活用したいのが、ターゲットにしたバス会社の交信だけを聞く受信テクニックです。


スポンサーリンク
ターゲットにしたバス無線だけを聞く受信テク

バス無線にはトーンスケルチ機能

国内のすべての観光バスに対して、たった1波しか割当てられていない、149.31MHzの観光バス専用波。この周波数を使っている観光バスが、全国から観光地に集まってくるのだから、混信しないわけがありません。

実際に観光バスの専用波を受信してみると案の定、受信機からは複数のバス会社の無線が、ひっきりなしに聞こえてきます。ところが、運転手たちは混信に困っているようではなさそうです…。

じつは、運転手たちは混信を受けることなく、会社のバス同士で連絡を取り合っています。それを可能にしているのが、トーンスケルチ機能。無線機に設定されているトーン周波数が一致した時だけ音声を出します。

バス無線の受信中にトーンスキャン

つまり、同じバス会社の無線機から発射された電波だけを検知して、音声を出す仕組みです。観光バスの無線機はトーンスケルチ機能が効いているので、149.31MHzを受信しても、そこに含まれているトーン周波数が一致しないと、スピーカーからは音声が出ない仕組みになっているのです。

これと同じトーンスケルチ機能が、受信機にも搭載されています。交信を聞きたいバス会社のトーン周波数を受信機に設定することで、他社の交信をシャットアウト。ターゲットの交信だけが聞こえてくるようになるのです。

具体的には、ターゲットにしたバス無線の電波を受信中に、トーンスキャンをかけるとトーン周波数が判明します。判明したトーン周波数を基にトーンスケルチを動作させれば、トーン周波数が一致した交信だけが聞こえてくるというわけ。トーンスケルチ機能はバス無線に限らず、レジャー無線全般で活用できるテクニックです。(文/さとうひとし)

■「バス」おすすめ記事
大型バスに乗るなら中央通路側が最も安全だった
大型バスに乗るなら前方左の窓側は絶対に避ける

■「無線」おすすめ記事
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」
消防無線は組織の運営が違っても運用方法は同じ
消防無線の周波数は「市町村波」が基本中の基本
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
消防ヘリの無線「カンパニーラジオ」って何?
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。