ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

無料ロードサービスが年会費0円で付くカード

ドライバーにとってJAFのロードサービスに入るかは悩ましいところ。バッテリー上がりやキーのとじ込みなど不意のクルマのトラブルに、いつでも対応してもらえるロードサービスは魅力です。とはいえ、入会金や年会費はやはり気になります。そんなときは年会費無料のロードサービスを利用しましょう。


スポンサーリンク
無料ロードサービスが年会費0円で付くカード

ロードサービスが無料で付いてくる

走行中のクルマの故障に24時間対応するJAFのロードサービス。会員なら、バッテリー上がりやキー閉じこみなどの主要トラブルは無料になります。しかし、入会金2,000円、年会費4,000円がかかるのがネック…。

そこで活用したいのが、ガソリン系カードのENEOSカードです。入会金・年会費が初年度無料で、ロードサービスが付いてきます。無料なのにJAFのサービスと遜色ないので使わない手はありません。

2年目以降は年会費が1,312円かかりますが、年1回の利用で次年度も無料。また、Web入会で入会・切り替えの翌月から3か月間はガソリン・軽油が合計100リットルまで1リットルあたり2円割り引きしてくれます。

ロードサービスをGPSで呼び出せる

ちなみに、JAFの主なロードサービスはバッテリージャンピング、事故、タイヤパンク、燃料切れ、キーの閉じ込み、オーバーヒート、溝への落輪です。

一方のENEOSカードのロードサービス(30分以内)は路上修理、レッカーサービス(10kmまで無料)、キー閉じ込み解錠サービス、バッテリージャンピング、タイヤパンク時の交換作業、落輪時の引き上げ作業、ガス欠時給油作業、その他30分以内の作業となっています。

さらに、注目はENEOSカード専用の「ENEOSカードアプリ」。スマホにアプリを入れておけば請求額やポイントを管理できるだけでなく、すぐにロードサービスを呼ぶことが可能。GPSで現在地を確認してもらえます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。