ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人気が再燃中のカセットテープの歴史を振り返る

今、カセットテープが秘かにブームです。かつての王道メディアが、音質の暖かさやデザイン性などから見直され、再び注目されています。2016年は、日立マクセルから1970年代の不朽の名作「UD」カセットが復刻されるなど話題になりました。カセットテープの歴史を振り返ってみましょう。


スポンサーリンク
人気が再燃中のカセットテープの歴史を振り返る

1966年に初の国産カセットテープ

カセットテープの歴史は、1966年にオランダ・フィリップス社が無償公開した規格を元に、日立マクセルが生産・販売した初の国産カセット「C-60」から始まります。1968年には、アイワが世界初のラジカセ「TPR-101」を販売開始しました。

1969年には、東京電気化学工業(TDK)が初の音楽専用カセット「SD」を販売。1970年には、ドイツのBASFが世界初のクロムテープ(TYPEⅡ)を発売します。1972年、日立マクセルが音楽用カセット「UD」を発売。ベストセラーになりました。

1974年には、日立マクセルが高級ノーマルテープ「UD-XL」を発売。1978年、住友3Mが世界初のメタルテープ「METAFINE」を発売します。そして、1979年にソニーが初代ウォークマン「TPS- L2」を発売。TDKが初の国産メタルテープ「MA-R」を発売しました。

カセットテープがV字傾向になる

1982年、日本初のコンパクトディスク(CD)が発売。1985年には日立マクセルがハイポジカセット「XLⅡ-S」を発売します。同年、富士フイルムがブランド名を「AXIA(アクシア)」に変更しました。

1986年にはついにCDがアナログレコードの生産量を上回ります。1991年には、ソニーがミニディスク(MD)と最高峰のメタルテープ「Super Metal Master」を発表。2001年、TDKがメタルテープの生産を終了し、メタルテープの国内生産が終了しました。

一方で、2005年にカセットテープの生産・販売が底からV字傾向になります。カセットテープの発売も増加して、2016年に日立マクセルの「UD」が復刻。現在に至るというわけです。(文/懐かしのカセットテープ博物館)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事