ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3Dペンは無段階速度調整機能付きでのびのび創作

3Dプリンターよりも手軽に立体を創作できるのが「3Dペン」です。その原理は、熱によって3Dペン内部で樹脂を溶かして細く放出するというもの。指先の感覚次第で誰でもアーティストになれるのが魅力です。そんな3Dペンの使い方を詳しく紹介しましょう。



スポンサーリンク
3Dペンは無段階速度調整機能付き

3Dペン内部で樹脂を溶かす

空中に立体が描ける魔法の3Dペンが「idea Pen」です。ノズル径は10mmで、サイズは45W×180H×33Dmm/64g。電源はACアダプタ、実勢価格は9,200円になります。ピンク、水色、黒の3色のフィラメントが同封されているので、買ってすぐに遊べるのもうれしいところです。

地表から垂直に線が引けるなんて一見とても不思議な光景ですが、3Dペンの原理はとっても簡単。熱によって3Dペン内部で樹脂を溶かし、細く放出しているのです。無段階速度調整機能付きでのびのび創作できます。

コンピュータによって制御されている3Dプリンターとは違い、3Dペンはすべてあなたの想像力と、指先の感覚次第! 大人も子供も一瞬にしてアーティストになれる、使い方無限大の注目グッズです。

3Dペンで実際に作ってみた

実際の3Dペンの使い方

3Dペンの操作に必要なボタンは2つ。「←」はフィラメントを出す時に、「→」はセットしたフィラメントを取り出す時に押します。

実際の3Dペンの使い方は「←」のボタンを押して数秒待つと緑のランプが点灯するので、差し込み口からフィラメントを挿入。「←」のボタンを押し続けると、溶けたフィラメントが出てきます。これで準備は完了です。

まずは正方形を作ってみました。練習は必要ですが、慣れればけっこうきれいに作れます。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。(文/馬塲言葉)

3Dペンで実際に立方体を作ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。