ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カセットテープの内部構造とメンテナンスの方法

カセットテープが見直されている今、押し入れに眠るカセットテープを取り出して、ラジカセで再生してみようという人も多いはず。そこで、ラジカセの電源を入て再びカセットテープを動かす前にチェックしておきたい、カセットテープの内部構造とメンテナンスの方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
カセットテープの内部構造とメンテナンスの方法

カセットテープ内部は精密な構造

カセットテープ内部は、精密な構造です。磁気テープは、樹脂フィルムに磁性体といわれる素材を塗布。幅がわずか3.81mmながら音を記録するトラックが4本あり、A面/B面それぞれステレオ2チャンネルに分かれています。

プレーヤー側のモーターの回転とともに、ゴム製のピンチローラーが回転。磁気テープを送り、ハブが巻き取って行きます。その時、プレーヤーの再生・録音ヘッドが磁気テープを読み取り、音が鳴る仕組みです。

カセットテープ側で再生・録音ヘッドが当たる部分には、磁器遮蔽板が設置。これはヘッドからテープへの磁気の影響を無くします。誤消去防止ツメは折ると録音ができなくなる仕組み。テープを貼るなど、補修すれば録音が可能になります。

カセットテープのメンテナンス

テープの初めと終わりの透明部分はリーダーテープ。走行を安定させたり、磁性テープの保護などの役目があります。過去には色付きのタイプもありました。このほか、カセットテープには安定に走行するためのサスペンションなど、高度な技術が詰まっているのです。

カセットテープのメンテナンスグッズは今でも入手できます。日立マクセルの「乾式カセットヘッドクリーナー」は、ヘッドに付着したテープの磁性体などを取り去ります。ブラシが磨くタイプで、定期的なメンテナンスに最適。実勢価格は490円です。

オーディオテクニカの「ヘッド&ピンチローラークリニカ」は、録音・再生ヘッドとゴム製のピンチローラー用の2種類が入った、リキッドタイプのクリーナー。ピンクの1番がヘッド用で、グリーンの2番がゴム製のピンチローラー用。実勢価格は601円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事