ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

USBハブにもなる電動ホッチキスがたった980円

オフィスでの仕事で手間なのが資料作り。会議参加者分を用意すると、大量にホッチキス留めが必要な場合もあります。そんな時、便利なのが電動ホッチキス。とはいえ、電動ホッチキスは5,000円以上はしてしまいます。そこで、USBハブとして卓上に置ける電動ホッチキスを紹介しましょう。


スポンサーリンク
USBハブにもなる電動ホッチキスがたった980円

電動ホッチキスに4つのUSBポート

オフィスでの資料作りに欠かせないホッチキス留め。書類を揃えてはホッチキスを持って留めるという作業は、意外に時間がかかるものです。そんなとき、サンコーの「USB電動ホチキス ハブ」なら手間が省けます。

この製品に針をセットしておけば、紙を口に差し込むと自動でホッチキスで留められるのです。電動ホチキスは、事務用品メーカー各社から販売されているものの、5,000円以上。実勢価格980円はリーズナブルです。

しかも、USBポートを4つ搭載していてハブとして使えます。サイズは133W×38H×55Dmmで、重さは187gとコンパクト。電源は電動ホッチキス部分が単4形乾電池×3、ハブはUSB給電となっています。

電動ホッチキスはコピー紙5枚まで

実際の電動ホッチキスの使い方は、ホチキス留めしたい紙を口に差し込むだけ。コピー用紙5枚までOKです。ただし、ホッチキス針は太さが26ゲージの特殊なものを使用します。

このほか、サンコーからは「ホワイトボード付きUSBハブ」も販売中。こちらは、本体が直接メモがホワイトボードになっています。電話対応中のとっさのメモ書きに便利でしょう。

背面にはUSBポートを3基搭載しているので、USBケーブルでPCに接続しておくとハブとしても使えてムダがありません。PCに接続中はホワイトボード部分が緑・赤・紫・青の4色に発光します。

■「文房具」おすすめ記事
100均の文房具で見つけた掘り出し物カタログ
100均で売っているそっくり文房具を集めてみた
定規や分度器など12機能が詰まった万能アプリ
不動産業界で使われるメートル単位の定規アプリ
消せるボールペンによる改ざんを見破る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。