ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いますぐ買えるラジカセとカセットテープとは?

カセットテープ人気がじわじわと再燃している今、テープで音楽を聞きたくなったけど、ラジカセもカセットテープも捨ててしまったという人は多いハズ。そこで、いますぐ買えるラジカセとカセットテープの現行商品を紹介しましょう。なんとダブルカセットのラジカセも手に入れることができるのです。


スポンサーリンク
いますぐ買えるラジカセとカセットテープとは?

CDラジカセにダブルカセット搭載

好きな音楽を詰め込んだオリジナルの1本を、ダブルカセットで編集。そのテープをドライブの時にかけるのが、1980年代のミュージックライフでした。それが今、再現することができるのです。

オーム電機の「RCS-W877M」はダブルカセットのラジカセ。実勢価格は4,500円です。スピーカーは75㎜×2個を搭載して、電源はAC100V・単1形乾電池×6本となっています。サイズは410W×130H×110D㎜で重さは1,800gです。

東芝エルイートレーディングの「TY-CDW88」は、ダブルカセット搭載のCDラジカセ。実勢価格は15,730円です。100㎜×2個の大型スピーカーで音を楽しめます。電源はAC100V・単2形乾電池×8本。サイズは350W×150H×210D㎜で重さは2,900gです。

カーステでカセットテープを再生

そして、2016年に発売されたビートソニックの「HCT3」は、カセットテープが再生できるカーステレオ。実勢価格13,550円です。AM/FMラジオチューナー内蔵で、AMラジオ放送は522~1620kHz、FMラジオ放送は76.0~108.0MHzに対応します。電源はDC11~15V、サイズは178W×50H×180D㎜(1DEN)、重さは980gです。

気になるカセットテープは、日立マクセルの「UR」が最も入手しやすい製品。10・20・30・46・60・90分があります。実勢価格は100~220円です。「UL」は10・60・90分が、4本もしくは10本パックで販売。10本パックの実勢価格は550~1,250円となっています。

ナガオカトレーディングの「CC」は唯一の国内製造品で、10・20・60・90分をラインアップ。実勢価格は145~250円です。磁気研究所の「HDAT120N1P」は中国製ですが、国内メーカーにはない120分テープは魅力的。実勢価格は500円となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事