ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

日立マクセルの音楽用カセットの代名詞が「UD」

オランダのフィリップス社が開発したカセットテープが日本で輸入販売されたのが1965年。翌1966年から日本のメーカーも続々と製造に参入することになります。国内では、日立マクセルが他メーカーに先駆けて国産カセットテープを生産・販売しました。そんな日立マクセルの名品カセットテープを振り返ります。


スポンサーリンク
日立マクセルの音楽用カセットの代名詞が「UD」

日立マクセル初の音楽用カセット

記念すべき初の国産カセットテープが「Compact Cassette C-60」です。発売当初はプラケース入りのみでしたが、1969年頃に安価な紙箱入りも発売開始。販売時期は1966~1971年となっています。

そして、1970年代を代表する日立マクセル初の音楽用カセットテープが「UD」です。「UD」はウルトラ・ダイナミックの意。1978年のリニューアルまでロングセラーを続けた、1970年代を代表する音楽用カセットの1つです。

テープの性能はもとより、高級感のある黒色ハーフや多機能型リーダーテープの採用など、「UD」は日立マクセルの音楽用カセットの代名詞といえるでしょう。1983年に「UDⅠ」に発展。2016年には復刻版が発売されました。

日立マクセルの「XL」シリーズ

「LN(LOW-NOISE)」は、その後のカセットの標準となったベーシックな1本。リーダーテープ部分にヘッドクリーニング機能、テープ走行方向の矢印表示、5秒前のスタートライン表示などを採用することで他のカセットと差別化を図りました。

「UD-XL」は、高級カセットシリーズ「XL」のルーツ。磁性体にコバルトを添加した高保磁力の「エピタキシャル」を使用。貼り替え可能なインデックスラベルや、すべて透明なプラケースを採用して、デザインも先進的でした。

日立マクセルの「XL」シリーズは、ノーマルタイプの「Ⅰ」とハイポジ用の「Ⅱ」に分離。さらに、それぞれのトップモデルとして「-S」に進化。1990年代の「XL」シリーズ終了まで「XLⅡ-S」はハイポジタイプとしては究極の性能を誇りました。

■「カセット」おすすめ記事
カセットテープをデジタル化してSDカード録音
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
カセットテープ懐かしのCMも見られるTDK歴史館
今なぜカセットテープが見直されているのか?
カセットテープの種類と日本の3大メーカーとは
日立マクセルがカセットテープを作り続ける理由
懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返る

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事