ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

値引き交渉は最安値を提示してポイントで貯める

「他店より1円でも高い場合は係員にご相談ください」と貼り紙があるように、家電量販店は値引き交渉が当たり前です。特に、東京の新宿西口や池袋東口は、複数の量販店が近接しており日々、客の争奪戦。そんな家電量販店の値引き交渉は最安値を提示してポイントで貯めるのがセオリーです。


スポンサーリンク
値引き交渉は最安値を提示してポイントで貯める

値引き交渉はノートで最安値提示

値引き交渉はまず、価格.comの最安値の提示からスタートです。事前に価格.comの最安値をノートにメモしておき、それを店員に見せて、「この価格で売ってくれませんか?」と切り出します。

イマドキの店員は慣れたもので、すぐに決定権のある担当者に問い合わせ、ギリギリの価格を提示してくれます。その価格を目の前で堂々とメモ。ポイント額、またポイントを差し引いた場合の「実質価格」を尋ね、メモしておきます。

そして「ポイントは要りません。実質価格で売って下さい」と交渉。量販店は仕入れ値より安くできないため、ポイントを増量して他店に対抗しようとします。交渉の結果、ポイントが増量されれば儲けものです。

値引き交渉に駆け引きは一切なし

とはいえ、お目当ての商品をなるべく安く買いたいなら、激戦区で価格を競わせるのが得策です。近接するライバル店に向かい値引き交渉。現在の価格、値引き後の価格、ポイント額、ポイントを差し引いた「実質価格」をすべてメモします。

この時点で、両店の対比は一目瞭然です。もしかしたら、店員自ら「もうひと声」かけてくれるかもしれません。いずれにしても、最初に価格.comの最安値を基準にしているので、値引き交渉に余計な駆け引きは一切なしです。

家電量販店の値引き交渉のポイントは、最初に価格.comの最安値を提示すること。そして、実質価格やポイントをノートにメモして「買い」を決めることです。そして最後は、よく行く店を決定店にしてポイントを貯めることになります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事