ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人をダメにするビーズソファの各社ラインアップ

「気持ち良過ぎて帰って来れなくなる…」と、巷で話題の通称「人をダメにするソファ」がビーズソファ。クッションの中の微粒子ビーズが、座ると体にフィットして独特の座り心地を提供します。そこで、各社が発売している1人用のビーズソファのラインアップを比べてみました。


スポンサーリンク
人をダメにするビーズソファの各社ラインアップ

無印良品の対抗馬ビーズソファ

元祖・人をダメにするソファが無印良品の「体にフィットするソファ」。本体とカバーが別売りで、豊富なカバーはインテリアに合わせやすいのが特徴です。サイズは65W×43H×65Dmmで、重さは6kgです。

標準カバーは上下が柔らかいストレッチ素材、側面が硬めの布でできており、座り心地を変えられます。標準価格は12,600円とやや高めですが、内部のビーズは直径0.5mmと細かくへたりません。

無印良品の対抗馬となるのがニトリの「ビーズソファ大」は、本体とカバーが別売りですがコスパは良好。中身のビーズは直径0.3~0.5mmと細かいぶん長期使用すると潰れやすいようで、1年使用で約半分のサイズになるという口コミもありました。

公式で補充ビーズ(799円)が販売されているので、へたってきたら買い増すと長く使えそうです。サイズは65W×45H×65Dmmで重さは6kg。標準価格は8,629円となっています。

Amazon最安値のビーズソファ

ビーズソファ界の黒船がヨギボーの「ヨギボー・ミニ」です。本体とカバーがセット販売され、カバーは伸縮性が高い仕様。鮮やかなカラーとデザインの豊富さが特徴になっています。

内部のビーズは半年ほどでへたってくるので、公式の補充ビーズ(5,184円~)を追加するか、洗浄+ビーズ追加をしてくれる「リペアサービス」を利用します。サイズは70W×45H×85Dmmで、重さは4.2kg。標準価格は21,384円とやや高めです。

Amazon最安値のダークホースが、タンスのゲンの「ビーズクッション特大Lサイズ」。本体とカバーのセットで、実勢価格5,980円は安いの一言。内部ビーズは、直径0.5mmとやや大きめで少し素材臭はあるが、座り心地は概ね良好です。

ただ、へたりやすいようで、3か月で半分のサイズになったという口コミもありました。ビーズの補充には、Amazonの汎用品が使えます。とりあえず試してみたい人向け。サイズは60W×40H×60Dmmで、重さは4kgです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事