ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

東芝が本気で企画したアルコールチェッカーとは

東芝が本気で企画した学習型アルコールチェッカーが「TISPY」です。呼気中のアルコール濃度を計測するだけでなく、翌日に二日酔いになったかを入力することでパーソナライズ。二日酔いになる前にお酒を抑制するお知らせを出したり、酔いがさめるまでの時間も予測してくれるアルコールチェッカーなのです。


スポンサーリンク
東芝が本気で企画したアルコールチェッカーとは

学習型のアルコールチェッカー

「TISPY」は、東芝が企画した呼気中のアルコール濃度を計測する学習型のアルコールチェッカー。計測時の数値を表示するだけでなく、データを蓄積して二日酔いになる酒量や酔いが覚めるまでの時間を知らせてくれます。

無線LANを搭載したSDカードを使用することで、スマホと連動し専用アプリを用いた長期的な自己管理も可能。有効性試験に関しては、アルコール体質試験パッチを開発した「ライフケア技研株式会社」が協力しています。

アルコールチェッカーの使い方は、キャップを回転させて息を吹きかけるというもの。おしゃれなデザインなのも好印象です。さっそく、どのような反応が出るのかをチェックしました。

アルコールチェッカーで計測実験

今回のアルコールチェッカー実験では、一滴も飲んでいない状態の数値は0.08mg/l。350mlのビール1缶を飲み干して10分後に計測。それほど酒に強くない被験者だったため、酩酊状態を表す0.84mg/lという数値が出ました。

ちなみに、呼気から0.15㎎/l以上のアルコールが検出されると、道交法では酒気帯び運転違反として13点が加点されます。0.25㎎/l以上だと、同じ酒気帯びでも25点の点数が付加されるのです。

このアルコールチェッカーの電源は単4形乾電池×2本、通信方式はWi-Fi(FlashAir)です。サイズは70W×70H×18Dmm、重さは約100g。実勢価格は10,000円~となっています。(文/秋葉実)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事