ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アメリカでは受信機を持ってのレース観戦が定着

サーキットでしか聞けないレース無線。受信できる場所と機会が限られているだけに、未開拓な受信ジャンルです。モータースポーツ大国のアメリカでは、すでに受信機を持ってサーキットでレース無線を聞くスタイルが定着しています。なぜ日本ではレース無線を楽しむ文化が定着しないのでしょうか。


スポンサーリンク
アメリカでは受信機を持ってのレース観戦が定着

レース無線を聞く観戦スタイル

モータースポーツの中継や特集番組を見ている人は、既に気づいていると思いますが、番組の中で無線の音声が使われています。監督とドライバーのやり取りに、レース運びを知る上で重要な情報が入っていたりするので、レースファンにも人気です。

とはいえ、テレビで使われる交信の音声はごく一部。レース中は監督とドライバー、ピットスタッフとの間で綿密なやり取りが頻繁に行われています。熱心なモータースポーツファンの中には、受信機を持ってサーキットでレースを観戦する人も少なくありません。

モータースポーツ大国のアメリカでは、レース無線を聞きながら観戦するスタイルが定着しています。チームの周波数が公表されていたり、ファンの間で情報のやり取りが盛んに行われているのも特徴です。

サーキットで受信機の貸し出し

受信機メーカーも各レースの周波数をメモリーできるようデータを用意しています。また、サーキットでは受信機の貸し出しもあり、受信機を持っていなくても交信を聞いて楽しめるのです。実際、アメリカの受信機であるユニデンの「BC72XLT」は、全米自動車競争協会・NASCARの公認受信機になっています。

何事も隠したがる日本の国民性もあるのか、無線の傍受には懐疑的な目を向けられることも少なくありません。特にレース無線に関しては、「相手チームに手の内を明かすことになる」という意見が出てきます。

テレビで交信の音声を使うところまではオープンになったものの、来場者に聞いてもいいと言えないのは、電波法上の問題や、こういった意見に配慮してのことなのかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事