ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ほぼ全メーカーに対応の高性能ストロボが3千円

本格的に一眼レフで撮影するなら外付けストロボが必須です。とはいえ、メーカー純正品で揃えようとすると、それなりの出費を覚悟しなければなりません。そんなときは、中華ストロボの購入を検討しましょう。ほぼ全メーカーに対応した高性能ストロボが、たった3千円でAmazonで購入できるのです。


スポンサーリンク
ほぼ全メーカーに対応の高性能ストロボが3千円

一眼レフの内蔵ストロボは非力

一眼レフの魅力は高画質で、瞬時にピント合わせやズームが行えるなど機動力が高いこと。ただ、内蔵ストロボは非力なものが多く、中には最初からストロボ機能を省いた機種もあります。

とはいえ、ストロボをメーカー純正品で揃えようとすると、2万円以上もの出費がかかってしまうのが難点です。そこで、選択肢の1つに加えたいのが「中華ストロボ」になります。

中でもNEEWERの「TT560」は、純正品に比べて価格は1/10程度です。それでいながら光量は必要十分で、ほぼどのカメラメーカーにも対応。8段階のパワー調整はコツが要りますが、サブでもメインでも使えます。

中華ストロボの方が光が届いた

実際に中華ストロボのTT560を使って「Canon EOS6D」で新設道路工事現場を撮影してみました。比較したのは、Canon純正ストロボの「380X」。条件はどちらも「ISO800、1/60秒、f/4.0」という設定です。

撮影した画像を見てみると、純正ストロボに比べて中華ストロボの方が、かなり遠くまで光が届いていました。また、純正ストロボでは闇にまぎれて見えない左奥の建物が、中華ストロボではしっかり映し出せたのです。

この中華ストロボの最大ガイドナンバー(光の強さ)は38、電源は単3形乾電池×4本で、発光は100~1,500回となります。サイズ/重さは190W×75H×55Dmm/286g。実勢価格は2,999円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事