ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマートグラスBT-300は想像以上の画質だった

スマートグラスとは、メガネのように使用するウェアラブルデバイスのこと。実際に見ている光景に情報を重ねて表示するのが特徴です。そんなスマートグラスで注目されているのがエプソンの「BT-300」。周囲の目を気にすることなく自由にモニターが見られるスマートグラスを体験してみました。


スポンサーリンク
スマートグラスBT-300は想像以上の画質だった

スマートグラスは開放感が抜群

VRゴーグルは別世界に没入できる反面、閉塞した空間に息がつまることも。エプソンのスマートグラス「BT-300」は、透明なメガネの向こうにモニターが広がり開放感が抜群です。

それでいて、周りからは何を見ているのか全く分かりません。街中で極秘資料をチェックしたり、仕事中にYouTubeを見まくっても大丈夫。ただ、リアクションが大きいとバレますが…。

スマートグラスをWi-Fi接続すれば、ネットも見放題。外部メディアに保存した動画ファイルを取り込めば、場所を選ばず楽しめるでしょう。実際に視聴してみると、想像以上にきれいな画質でビックリしました。

スマートグラスは有機ELパネル

さらにスマートグラスの右サイドには、500万画素のカメラを搭載。今見ている風景を、そのまま画像や動画として保存できます。なお、BT-300はメガネ型のヘッドセットとコントローラーをケーブルで接続して操作する仕組み。コントローラーのタッチ反応はちょっと良過ぎな印象でした。

スマートグラスは有機ELパネルを採用。解像度は1280×720ドット、OSはAndroidです。記録メディアはmicroSD(最大2GB)、microSDHC(同32GB)。電源はリチウムイオン充電池となっています。

ヘッドセットのサイズは191W×25H×178Dmm、重さは69g。これまでの製品と比べて、さらに小型、軽量になっています。実勢価格は79,033円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。