ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

無線LAN中継機でダウンロード速度がアップした

Wi-Fiの到達距離を広げてダウンロード速度も向上するのが無線LAN中継機です。「忠継大王」はコンセントタイプの無線LAN中継機。設定はWi-FiルータのWPSボタンを押すだけと簡単です。最適な位置のコンセントに挿すだけで使えます。無線LAN中継機でどれだけ回線速度がアップするのかチェックしました。


スポンサーリンク
無線LAN中継機でダウンロード速度がアップした

無線LAN中継機はコンセントタイプ

トイレに入ったら途端に電波が弱くなり、動画が読み込めなくなった…。そんな不満を解決するのが、無線LANルータの電波を中継し、Wi-Fi利用範囲を一気に広げるのが、PLANEXの無線LAN中継機「忠継大王」です。

Wi-FiルータのWPSボタンを押せば無線LAN中継機と接続を開始。インジケーターで状況を確認して、接続が良好な場所に無線LAN中継機を設置します。コンセントタイプなので、最適な中継地点のコンセントにそのまま挿して使用可能です。

このようにネットワーク環境や設定を変えることなく、たったこれだけの設定でフェージングが減り、回線速度も俄然アップします。そこで、実際に電界強度がどれだけ上がったかチェックしてみました。

無線LAN中継機の回線速度チェック

無線LAN中継機の電界強度の測定に使用したのは、無料アプリ「Wi-Fiミレル」です。すると、Wi-Fiルータから離れると周期的に起こる電波の減衰が解消。Wi-Fiの到達距離もプラス十数mになりました。

加えて、無料アプリ「RBB SPEED TEST」で無線LAN中継機の回線速度もチェックしてみます。すると、下り15.66Mbpsで上りが7.73Mbpsだったのが、下り24.65Mbpsで登りが16.40Mbpsに向上。上り下りとも約10Mbps速くなりました。

無線LAN中継機の主なスペックは通信周波数が2.4GHz帯、5GHz帯です。伝送速度は433Mbps(最大)、電源はAC電源となっています。サイズ/重さは約58.9W×38.3H×94.5Dmm/約116g。実勢価格は4,682円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事