ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

音源をデジタル化できるCDラジカセを比較した

現在、カセットテープ復活の兆しなどで、ラジカセが再び脚光を浴び新製品もリリースされています。そこでCDラジカセ現行モデルの中で、音源をデジタル化できる2機種を比較してみました。比較したCDラジカセは、東芝エルイートレーディングの「TY-CDX9」とソニーの「CFD-RS501」です。


スポンサーリンク
音源をデジタル化できるCDラジカセを比較した

CDラジカセで音源をデジタル化

「TY-CDX9」と「CFD-RS501」は、いずれもCDプレーヤーとカセットテープレコーダーを搭載しているだけでなく、メモリーカードの録音・再生が可能。カセットテープの音源をデジタル化できるCDラジカセです。

ただし「TY-CDX9」はSDカード・USBメモリ・カセットテープと録音ボタンがまとめられたCDラジカセ。このため、各メディアの録音ボタンを押すと、ソースの再生は自動でスタートするワンタッチ仕様になっています。

一方の「CFD-RS501」は、対応する記録メディアはSDカードのみで、SDカードの録音ボタンを押してからカセットテープ側の再生ボタンを押す必要があるCDラジカセ。録音ボタンと再生ボタンが非連動のため、2回ボタンを押さなければなりません。

CDラジカセでラジオを録音する

また、CDラジカセでラジオの音源をデジタル化する際は、使い勝手がまた変わります。「TY-CDX9」では保存ファイル名はトラック番号のみ。時計機能が非搭載のため、ファイルに日時などが記録されないのです。

少々使い勝手が悪い仕様になっているため、この点では「CFD-RS501」が優位でしょう。ラジオは局別にフォルダが自動で作られ、ファイルに日時が表記される仕様になっています。

「TY-CDX9」のサイズ/重さは316W×130H×215Dmm/2.2kg、電源は単2形乾電池×6本またはAC100V、実勢価格は13,470円。「CFD-RS501」のサイズ/重さは366W×146H×238Dmm/3.1kg、電源は単3形乾電池×3本またはAC100V、実勢価格は17,360円です。(文/手島伸英)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。