ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

八重洲無線の大人気「WIRES-X」ってなんだ?

インターネットに接続している「ノード局」にアクセスすることで、日本中はもちろん全世界の局と交信できる、八重洲無線の「WIRES-X(ワイヤーズ・エックス)」が大人気。手軽に利用できる無線機もどんどん増えています。八重洲無線のWIRES-Xの楽しみ方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
八重洲無線の「WIRES-X」ってなんだ?

八重洲無線の新システムWIRES-X

交信可能なエリアを広げるために、無線機同士をインターネットで接続した通信方式「VoIP」がアマチュア無線で流行しています。その代表的なものが、2002年にスタートした八重洲無線の「WIRES(ワイヤーズ)」です。

インターネット経由で、専用のサーバに接続されているアクセスポイントの「ノード局」を介して、遠くの局同士が簡単に交信できるシステムは、世界中で大好評となりました。

そして八重洲無線は2014年、業務用無線機で世界標準といえるデジタル方式、「C4FM」を採用したアマチュア無線機を発売。それに対応した新しいシステム「WIRES-X(ワイヤーズ・エックス)」も始まりました。

八重洲無線のC4FM対応機で楽しむ

デジタル通信の特徴を活かして、高音質で操作も簡単、手軽に世界中と交信できることはもちろん、「ルーム(一種の会議室)」で仲間同士のラグチューを楽しんだり、「ニュースステーション機能」でメッセージや画像の保存・閲覧をする人が急増しています。

WIRES-Xのノード局は日本全国で1,000局以上、全世界では1,300局以上と、わずか1年で急増中。近所にノード局があれば、八重洲無線の「FT1D」や「FTM-400D/DH」などのC4FM対応機で簡単に楽しめます。

そしてインターネット回線とPCがあるアマチュア局なら、自宅にノード局を自由に開設することも可能。ノード局を始めるとWIRES-Xはさらに世界が広がっていきます。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「八重洲無線WIRES-X」おすすめ記事
八重洲無線の「WIRES-X」でノード局を開設
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」
八重洲無線「WIRES-X」ノード局開設の必要機材

■「八重洲無線」おすすめ記事
八重洲無線VX-8Dはおもしろ無線を2波同時受信
八重洲無線VR-160は超小型ボディに多彩な機能
八重洲無線のFTM-400Dの受信帯域はフルカバー

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事