ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方

公衆トレイにもウォシュレットが付くのが当たり前となりつつあります。ただし、便座が思いのほか温かかったり、ウォシュレットの水の温度が冷たすぎたりというのはよくあること。そんな時のために知っておきたい、公衆トイレのウォシュレットの設定モードの使い方を見ていきましょう。


スポンサーリンク
公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方

ウォシュレット設定モードの使い方

ウォシュレット付きトイレは、自分好みの便座の温度や水温で快適に用を足せるのが魅力。通常なら操作ボタンで調整すればよいのですが、困ったことに公共施設にあるウォシュレットは操作できるのは水勢くらいです。

操作パネルで調整できるボタンがないかと探すと「メンテナンス専用」や「管理者専用」と書かれたエリアがあります。しかし「温水」や「便座」のボタンをいくら押してもまったく反応しません。

こんな時のために知っておきたいのが、公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方です。とある方法でウォシュレットの管理者モードに入ることで温度調整ができるようになります。

設定モードの使い方は2タイプ同じ

これはTOTOのパブリック向けトイレに採用されている2タイプ「TCF581W」と「TCF584R」のウォシュレットの使い方になります。よく見かけるのは「TCF581W」のタイプになります。

同じです。まずは「設定モード入/切」のボタンを長押し。「TCF581W」は右側のフタを開けるとボタンが現れます。3秒ほど押し続けると、緑色のランプが点灯するでしょう。

これが管理者モードに入れた証拠。あとは温度調整の「便座」「温水」ボタンを押して温度調整するだけです。これで公衆トレイのウォシュレットでも、自分好みの快適な温度で使用できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事