ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10のパスワード入力をスキップする方法

2015年7月にリリースされたWindows10。既に乗り換えた人も多く、順調にシェアを伸ばしています。ただし、Windows10はこれまでのXPや7と大きく異なるOSのため、標準設定では使いにくさを感じること人も多いでしょう。そこで、Windows10のパスワード入力をスキップする方法を紹介します。


スポンサーリンク
Windows10のパスワード入力をスキップする方法

Windows10起動時にパスワード入力

Windows10起動時にパスワード入力が要求されるログイン画面は、わざわざキーボード操作が必要になるため面倒なもの。じつは、事前にアカウント情報を登録しておくことでパスワード入力はスキップできます。

Windows10のパスワード入力をスキップする方法には、まず「Windows」+「R」キーで「ファイル名を指定して実行」を開きます。そこに「netplwiz」と入力。すると「ユーザーアカウント」設定画面が開きます。

この画面で「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外すのです。最後にログイン用のアカウントとパスワードを入力すれば設定完了。これでWindows10の起動がグッと楽になります。

Windows10スリープ復帰パスワード

Windows10ではスリープから復帰する場合にも、パスワード入力が要求されます。このスリープ復帰時のログイン画面もスキップさせることが可能です。まずはスタートボタンをクリックしたのち、歯車マークの設定を開きます。

ここで「アカウント」を選択すると「ユーザーの情報」画面が表示。ここで左のメニューから「サインインオプション」を選択。この画面で「サインを求める」の項目にある「PCがスリープから復帰したとき」をクリックします。

すると「表示しない」という選択肢が出現。「表示しない」を選択すればパスワード入力を酢っキップできます。設定はこれで終了です。これでWindows10のスリープ復帰時に、すぐ操作できるようになります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事