ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ライブのワイヤレスマイクがアナログ方式の理由

ライブやコンサートで使用されるワイヤレスマイクは、特定ラジオマイクという免許を受けて使うもの。特定ラジオマイクも一部でデジタル化が始まっていますが、他の無線システムとは様相が違っています。ライブやコンサートのワイヤレスマイクにアナログ方式が使われる理由を見ていきましょう。


スポンサーリンク
ライブのワイヤレスマイクがアナログ方式の理由

ワイヤレスマイクは楽器に近い存在

特にライブやコンサートで使われるワイヤレスマイクは、通信機器というよりも楽器に近い存在。音声以外にデータを乗せる必要がないため、デジタル化のメリットが少ないのです。

デメリットはしっかりとあり、ごくわずかですが音声の出力が遅延し、音質も変わってくること。繊細な感覚を持つアーティストには、これらの点でデジタル化が敬遠されています。

「今までアナログ方式で問題が無かったのだから、無理にデジタル方式を選択する必要はない」という判断になるわけです。たしかにチャンネルリストに縛られたくないテレビのロケ取材といった場面では、デジタル波の1.2GHz帯が多用しています。

ワイヤレスマイクはアナログ方式

また、大企業の会議など秘匿性を必要とされる現場ではデジタル方式が主流となりつつあります。しかし、ライブやコンサートのワイヤレスマイクでは、まだまだアナログ方式がメインなのです。

また、ライブ会場でアーティストが演奏などのモニターするための「イヤーモニター」は、アナログ方式しか製品化されていません。このため、もし仮にボーカルマイクがデジタル方式でも、イヤーモニターは受信機で聞くことが可能。音声や演奏の音が聞こえてきます。

制度的にもアナログ方式は存在し続けるため、ライブやコンサート会場で飛び交う電波は当分、デジタル化で聞けなくなることはないでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事